二胡を初めて近くで聞いたとき、とても感動しました。それ以来、二胡のことが頭から離れません。