どうも、takaです。先日、友人グループ7人で熱海へ1泊2日の旅行へ行ってきました。

伊東園ホテル熱海館 365日同一料金」というサービスを初めて利用して行ってきたのですが、そのサービスの感想などを含めながら、今回の旅行を振り返ってみたいと思います。

目次

  1. バスで移動
  2. ホテルの感想
  3. バイキング&飲み放題
  4. 熱海の感想
  5. まとめ

バスで移動

熱海への行きと帰りはバスでの移動を選択しました。誰か交代で運転するよりも、全員バスでのんびり行こうかという感じの旅行にしました。

行きは上野に8:45に集合。2回のパーキング休憩を取り、13時くらいに熱海へ到着しました。

20120108熱海旅行-009 20120108熱海旅行-004

途中で寄ったパーキングで昼食。「季作人」の花セット(1,260円)は、コシのある蕎麦と鯛ごはん、茶碗蒸しが付いており、美味しくいただきました。特に鯛ごはんはかなり美味しかったです。

20120108熱海旅行-003 20120108熱海旅行-008

季作人からの海の眺めがとても良く、雰囲気良くご飯が食べられる所なので、機会があればまた来たいですね!

しかし、パーキング休憩の時間を抜かすと、熱海までは2時間半くらいで着いた計算になります。うーん、一気に熱海まで行ってくれても良かったような気もします。

それは帰りも同様。帰りはスムーズに進み、バスに乗っている時間は実質2時間くらいだったのですが、休憩が長くて結局3時間15分くらい掛かっています。色々とパーキングで買い物して欲しいという気持ちは分かりますが、ちょっと休憩取りすぎかなぁと思ってしまいました。その分、熱海で遊んでいたかったですね。

ちなみに「伊東園グループの365日同一料金(7,800円)」のプランは宿泊料金は7,800円ですが、バスで移動する場合は+1,630円かかります。

なので、今回の1泊2日の旅は9,430円となりました。

ホテルの感想

20120108熱海旅行-011

今回泊まったのは、「伊藤園ホテル熱海館」というホテルです。熱海駅から徒歩5分くらいで着けるほどの好立地。

20120108熱海旅行-012

ロビーは広々としていて、ホテルらしい落ち着きを持っています。

  • インターネット
  • 麻雀
  • 囲碁
  • カラオケ
  • ビリヤード
  • マッサージ(有料)

などの娯楽も揃っています。私としては、卓球が見当たらなかったのが非常に残念!温泉卓球は、旅行の醍醐味じゃないんですか?違うんですか??

ちょっと無念なところもありますしたが、部屋は広くて綺麗で、窓から見える海の眺めは良かったです♪

20120108熱海旅行-044 20120108熱海旅行-046

特に、朝早くの海の眺めは最高!

20120108熱海旅行-051 20120108熱海旅行-052

20120108熱海旅行-054

「初島」の周りにに光が降り注いでいる光景。忘れられません。

そして温泉!温泉は普通でしたね~。露天風呂みたいに、外が見えれば最高だったんですけどね。さすがにそれはなかったです。

まあまあの広さの湯船。久しぶりに足を伸ばしてゆっくりと普段の疲れを癒すことが出来ました。男同士のまったり話も、こういう温泉の場での醍醐味です。普段はあまり話しこまないですからね~。

あ、あと岩盤浴もあり、無料で利用できます。私たちは利用しませんでしたが、お好きな方には嬉しいですよね、岩盤浴♪

バイキング&飲み放題

さて、旅行の大きな目的と言えるのが、旅館・ホテルが用意してくれる「夕食と朝食」ですよね!

「伊藤園グループの365日同一料金」でも、当然ながら初日の夕食と2日目の朝食の2食が付いています。しかもバイキング!しかも夕食時はお酒の飲み放題付き!!

ここで期待に胸が膨らみそうになるものですが、7,800円の低料金宿泊でのバイキングとなると、それほど良いものは期待しない方がいいんだという考えがすぐに浮かんできます。今までの経験上、過度な期待はしない方が良いという考えに同意してくれる方は多いでしょう。

さてさて、今回の料理はどんなものだったのでしょうか・・。

まずは夕食のバイキング&飲み放題。

20120108熱海旅行-049 20120108熱海旅行-050

おお、品揃えはバッチリです。見る限り、美味そうな料理が所狭しと並んでいます。

20120108熱海旅行-047

ではでは、いっただっきまーす♪

・・

・・・・

・・・・・・

ふむふむ、正直に言いましょう。味は普通です。いたって普通。

そして数少ないですが、当たり料理があります。今回はサツマイモの天ぷら、鳥の唐揚げ、枝豆、ハムカツ、甘海老が当たりで、美味しかったです。

ご飯、パスタ、焼き魚など、大抵の料理は普通の味です。不味くはないですが、特別美味しいとは思いませんでした。

そして、外れの料理もありました。シチュー、カレー、鍋料理は、残念な味となっていました。特に鍋料理の味の濃さはかなりのモノでした。煮詰まった感じ・・?

ただ、お酒類は美味しかったです。

20120108熱海旅行-048

特にビールの泡はキメ細かく、味もかなり美味しかったです。旅行地で、しかも温泉入った後というシチュエーションがビールの味を美味しくしているとも思えますが、なかなかに美味しかったですよ。

ですが、バイキングと飲み放題って、全く合わないですね。結局、料理を食べすぎてしまい、お酒はビール一杯だけしか飲めないという結果に。友人たちもほぼ同じで、多くても2杯飲んで終了という感じでした。いやいや、全くの誤算です。元を取るために、たくさん飲んでやろうと思ってたのになぁ。私、お酒弱いですが・・。

声を大にして言いたい。

「バイキングとお酒飲み放題は一緒にしても意味がない!!」

そして場面は変わり、朝のバイキングへ。

20120108熱海旅行-057 20120108熱海旅行-058

食べた感想を言うと、夕食よりも朝食の方が、全体的に美味しかったです。とは言っても、味は普通のレベルですが。

20120108熱海旅行-056

玉子、納豆はやはり王道的な美味しさを持っています。どこで食べても美味いので、特別な訳ではないですが。

私はお米が大好きなので、欲を言うならもう少し美味しい米を使ってほしかったですね。

と、ここまでは辛口で評価させていただきましたが、7,800円の激安宿泊ということを考慮すると、夕食・朝食共にかなり満足できる内容と言えます。通常の7,800円クラスのホテル・旅館よりも、全然良かったと思いました。

全て含めて夕食・朝食の総合評価をするとしたら、

値段以上の価値はある。しかし、飯は付属くらいに考えた方が良い。決して「美味しい飯」を一番に期待して来るべきではない

と言ったところでしょうか。

熱海の感想

そうなのです、今回の旅行の目的は飯ではなく、「熱海を皆でゆっくりと過ごそう」というコンセプト。なので、バイキングがある程度のレベルでも、大きな落胆はしません。安い費用で、皆で楽しい時を過ごせれば満足です。

という訳で、熱海を色々と周ってきました!

20120108熱海旅行-014 20120108熱海旅行-079

熱海の砂浜はとても綺麗です。

20120108熱海旅行-081 20120108熱海旅行-085

写真では分かりにくいですが、海の透明度は東京とは比べ物にならないくらいです。かなり澄んでいました。皆かなり感動していたので、夏にまた海水浴に来ようということで話がまとまりました。

20120108熱海旅行-024 20120108熱海旅行-023

海岸に出てから歩いて15分くらいで、ロープウェーにたどり着きます。ロープウェーで上に行くと熱海城があります。

お城というからには荘厳な雰囲気が漂っていると思いきや、熱海城は全くそんな空気とは無縁の場所。入ってみるとあまりのギャップにビックリです。だって、卓球が出来たりゲームセンターがあったり、お土産屋があったり、天守閣ではオセロやジェンガが出来たりします。

こんな珍しいものも。

20120108熱海旅行-031 20120108熱海旅行-032

大きいけん玉!他にもメンコやフラフープ、竹馬なども楽しめます。何と、熱海城は娯楽施設だったのです・・。

かなり楽しかったけど、何か言い表せない残念な気持ちも少しあるような、ないような。そんな思いも残しつつ、熱海の町でのお買い物へと場所を移しました。

20120108熱海旅行-060 20120108熱海旅行-061

町を歩くと、色々なお店で魚を干していました。干物はお土産に最適ですね。私は買いませんでしたが、親に買っていくの良いなぁと思いました。

20120108熱海旅行-062

海と山に挟まれている熱海では、海からの高低差がかなりあります。そのため、至る所に急な階段を見かけます。

そして、このような階段にスッカリ心が奪われてしまった私。なんだろう、懐かしい感じがする。言葉では上手く伝えられませんが、好きな感じでしたね。宮崎アニメで出てきそうな風景。

そうそう、偶然ですが消防団の放水式?にバッタリ鉢合わせてしまいました。

20120108熱海旅行-070 20120108熱海旅行-072

運が良かったです。見ていて爽快でした♪

熱海には雰囲気の良い喫茶店が多々あり、美味しそうなデザートを食べられます。

20120108熱海旅行-089 20120108熱海旅行-088

くずきり、クリームぜんざいなど、かなり美味しかったです。熱海はお土産屋が充実してますが、喫茶店で魅力的なところも多くありますので、油断していると「ちょっと休憩」が何回もあったりします。

まとめ

熱海はお爺ちゃん、お婆ちゃんに人気の温泉スポットというイメージが強かったのですが、実際に行ってみると落ち着いた雰囲気と綺麗な海がとても魅力的な町で、是非ともまた行きたいと思えるところでした。

しかしながら、遊べるスポットはちょっと少ないかなとも思いました。楽しく観光できるところは熱海城、初島などがありますが、それほど多くはありません。商店街は色々なお店があって面白いですが。思いきり遊んで過ごしたい!という場合には、少々物足りない感じになる可能性もあります。

ただ、ほどよくゆっくりしたいという方には最適な町だと思います。私たちも今回は「とにかく、ゆっくりしよう」という感じで行ったので、ニーズにはピッタリ合っていました。

私だけでなく、けっこう皆も熱海が気に入っていたので、お次は夏に海水浴に来ようと思います。

今回の熱海旅行は「伊東園ホテル熱海館 365日同一料金」のプランで行きました。宿泊費は7,800円で、バス代を入れると9,430円です。