XserverからSixcoreへの移転メモ!WordPressのお引越し

こんにちは、takaです。

こないだ、このWordPressブログのサーバーを変えました。XserverからSixcoreへの移転です。

Xserverでは特に動作が遅くなっただの、なんか不具合があっただのと言ったことは一切ありませんでした。けっこう性能良いですからね。強いて言えば「反応が遅い」ということだけ。しかしながら今後記事が増えていくにつれて、どんどん遅くなるのかなぁ・・という不安があり、ブログを続けていくなら将来的には多分変えるんだろうな~俺・・なんて思ってはいました。

先日、「将来変える予定なら、今変えちゃおう!」という、なんか孫さんが言いそうなフレーズが頭に浮かび、何故か急にサーバー移転しようと思えてきちゃいました。実は面倒なだけだったという事実もその時判明。

ということでようやく意を決し、Sixcoreに移転をしました!全てを終えた今となっては、サーバー移転はとても簡単に思えてしまいます。しかしながら戸惑うこともいくつかありました。全て出来たつもりでも、いつまでもエラーが出て画面が表示されなかったりなど・・。

さて、長い前置きはこの辺にしてと・・

今回、参考にさせていただいたブログを載せておきたいと思います。SixcoreとWordPressの設定方法が詳しく載っていましたので、とても参考になりました!

私のような初心者におくる!!WordPressブログをsixcoreサーバーに移転した際の覚え書き!!|OZPAの表4 (同じ初心者目線で進めていけます)

CORESERVERからSIXCOREへWordPressを移転する方法|ひとぅブログ (分かる人にはこの記事だけで十分)

作業しながら見ていたのはこの2つの記事ですね。たぶん、大概の人はこれ見れば出来てしまうと思います。

こういうのが苦手な私でも、何とか出来ました。ありがたいですね!感謝です。

ちなみに私のWordPressブログは独自ドメインで運営しており、「VALUE DOMAIN」で取得しています。

具体的にやったこと

今回、XserverからSixcoreへの移転では、具体的にこのような作業をしました。

  1. sixcoreでサーバーの申込み
  2. FTPソフトでアップしているWordPressの中身を全てダウンロード
  3. Xserverの「phpMyAdmin」へ行き、DBをエクスポート
  4. Sixcoreでドメイン設定
  5. SixcoreでMySQLを作成する
  6. FTPでSixcore側のドメインにコンテンツをア
  7. ップロードする
  8. Sixcoreの「phpMyAdmin」へ行き、DBをインポート
  9. 「wp-config.php」の中を色々変える
  10. VALUE DOMAINへ行き、ネームサーバを書き換える

初めから詳しく解説していきます。

sixcoreでサーバーの申込み

まず一番初めにやることは、Sixcoreの申込みを済ませておくことです。




文句なし大容量50GB、月額1890円~
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

申込みは多分、問題なくできると思います。ただし、一つだけ注意点があります。Sixcoreには2週間の無料お試し期間があるのですが、それを利用したい場合は「クレジット決済にしない」ということです。すぐに決済されてしまうので、無料期間が試せないのです。

でも私は後々の銀行振込orコンビニ振込だと忘れてしまいそう&面倒だという理由から、無料期間などお構いなしで即クレジット決済をしちゃいました。テヘッ♪悪い参考例として晒します。

シックスコア20111115-004

申込みが終わると、数時間でサーバーアカウントが機能し、入れるようになります。その間にWordPressの中身を全てダウンロードしておきます。

FTPソフトでアップしているWordPressの中身を全てダウンロード

XserverにアップしてあるWordPressの中身を全てローカルにダウンロードします。

シックスコア20111115-005

これは予想以上の時間を費やしました。30分くらいかかったかな?なんかダウンロード中にエラーが出て止まってばかり・・。有料のNextFTPを使ってるのに何故だろう?設定が悪いのかなぁ。

全てダウンロードしたら、移行が完了するまでWordPressの更新はしちゃダメですね。データが変わってしまいますので、またダウンロードしなおすという超絶面倒なことが待っていますから。

Xserverの「phpMyAdmin」へ行き、DBをエクスポート

WordPressのデータをダウンロードしたら、こんどはデータベースもダウンロードしないといけません。WordPressってそうなんですよね。通常のファイルの他に、データベースも必要となるのです。うーん、ここらへん難しいですが、理解出来なくてもOK。分からなくても移転はできます。

Xserverの場合、ここからphpMyAdminに入れますので、そこでデータベースをエクスポートしましょう。

シックスコア20111115-006

選択するのは「WordPressのデータのみ」です。他のデータはいりません。まず左にある「MySQLデータベース名(自分で設定したデータベース名です)」をクリックすると、WordPressのデータが全て出てきます。「wp_abc」みたいデータがいくつかあると思いますので、下の方にある「すべてチェックする」を押してからエクスポートしましょう。

シックスコア20111115-007

その後はこちらをみれば大丈夫です。

終わったら忘れずにログアウトしておきましょう。やり方は左上にある「EXIT」を押します。

シックスコア20111115-008

その後に出てくるユーザ名とパスワードの入力画面で「キャンセル」を押すことです。そうすると「ユーザ名ないしパスワードが間違っています。アクセスは拒否されました。」という表示が出るので、これでログアウトしたことになります。

シックスコア20111115-009

これでOK。

Sixcoreでドメイン設定

けっこう厄介だったのがSixcoreでのドメイン設定。新規ドメインの場合はすんなり受け入れてくれるのですが、移転となるとちょっと初心者には戸惑うくらいの「ちょい厄介」な感じです。まあでもすぐ出来ると思いますが。

Whois認証・Web認証・メール認証・CNAME認証とありますが、一番簡単なWhois認証は「シックスコアのネームサーバーに設定済みの場合」のみ出来るとのこと。ああなるほど、今の私のドメインではまだ無理ってことね。まだXserverのネームサーバーから変えてないからね。

ということで、私はメール認証にすることにしました。

これはあらかじめ、自分の使っているメールソフトに「admin@認証するドメイン名」か「webmaster@認証するドメイン名」のアドレスを追加しておかないといけません。これがちょっと面倒だった点です。

あとは来たメールの中に【認証ID】が載っています。これでドメインの追加が出来ました。

ドメイン取得時の「FTP情報」は必ずメモを取っておいてください。

あ、あと「hostsファイルを書き換え」とかって一かけらも分からなかったのでやってません。一応、正常に動いているから良いのかな?気になる方はやっておいた方が良いかも知れませんね。

SixcoreでMySQLを作成する

ドメインの追加が出来たら、お次はSixcoreでMySQLを作成します。このマニュアルを読めば大丈夫です。

文字コードはXserverで設定した「UTF-8」にしました。これは各自、合わせておいた方が良いです。

FTPでSixcore側のドメインにコンテンツをアップロードする

ドメイン取得時の「FTP情報」をNextFTPに入力し、ダウンロードしておいたWordPressのデータをアップロードします。

が・・、私はここでミスをおかしました。FTPを設定する際の「ホスト開始フォルダ」の欄に/home/なんちゃら~という表記をしてしまい、訳の分からないところにアップロードしたため、全く表示されないという事態になりました。ドメイン取得時のFTP情報に載ってたから、ついでに設定しちゃったのが間違いでした。「ホスト開始フォルダ」は何もいれなくて良いようです。

これはよくよくSixcoreでの「よくある質問」を読んでおけば、そこに書いてありました。初期フォルダは空白にしろってね・・。

Sixcoreの「phpMyAdmin」へ行き、DBをインポート

SixcoreのphpMyAdminに入り、データベースをインポートします。エクスポートの横にあるインポートボタンへ行き、アップロードします。ここは問題なくOK。

ログアウトする前に、画面上部にある「サーバ:○○○.sixcore.ne.jp」これだけメモっておきましょう。

シックスコア20111115-010

これは次の工程の「wp-config.php」で変更する「ホスト名」です。私はここでちょっと躓いてしまいました。分かっていればなんてことはありませんが。

「wp-config.php」の中を色々変える

シックスコア20111115-011

SixcoreにアップしたWordPress内にある「wp-config.php」を一度ダウンロードし、編集します。

シックスコア20111115-012

ここの各部分を修正してアップロードします。

ここで私、間違っちゃいました。

/** MySQL のホスト名 */

この部分にMySQL作成時のホスト名を書いてしまいました。おかげ様でネームサーバーを変えた後もずっとこんな画面が出たままとなりましたよ。マジ焦った・・。

シックスコア20111115-001

シックスコア20111115-002

入れるべきは先ほどの「phpMyAdmin」でメモしたホスト名。「○○○.sixcore.ne.jp」のところです。これを入れたら正常に作動し始めました!1時間くらい調べた結果、OZPAさんひとぅさんのブログを見ている時に気付きました。いやー、切羽詰まると本気で真剣に調べるもんですねw まいったさ。

VALUE DOMAINへ行き、ネームサーバを書き換える

最後にVALUE DOMAINへ行き、ネームサーバーをSixcoreに変えてあげればOK!

Sixcoreのネームサーバーはこれ。

シックスコア20111115-013

以上で無事、XserverからSixcoreへの移転が完了いたしました!感想としては「動作が軽くなった」というのが一番の感動です。早い早い。すぐに反応してくれます。

ぶっちゃけ、今後サーバーを変えるつもりなら、失敗した時のダメージが少ない今のうちにやっておこうというのが、今回Sixcoreに移転することにした本当の動機です。今のうちに間違いないサーバーを使っておけば問題ない。逆に今やっとかないと後がこわい・・。そんな感じでした。

シックスコアは月々2,000円近くという、ちょっとお値段高めのサーバー。でも今後のことを考えると本当に替えて良かったと思います。見てくださっている訪問者様のストレスも少なくなるのではないでしょうか。何にせよ、これでブログ運営における気になる問題が二つ三つ減りました。心配事なく思いきりブログを書けるというのは、けっこう重要で替えがたいものですからね。これでサボったら笑えるw いや、笑えないか・・。

お試し期間を適用している方は、2週間以内の振込を忘れないようにしないといけないですね。私はこれが嫌でクレジット決済にしちゃってますが。Wordpressの移行設定で、もしかしたら失敗するかも知れない(可能性低いけど)ので、お試し期間は適用しておいた方が無難です。うまく設定できてから振込した方が気持ち的にも楽ですし。

私のように「面倒くさい」が理由でお試し期間をなくすのはやめた方が良いと思いますね・・。

【Sixcore】
文句なし大容量50GB、月額1890円~
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です