京成高砂「麺心國もと」のレビュー

どうも、takaです。狙ってはないのですが、ラーメンや飯に関する記事の割合が増えてきたような・・。グルメブログではないつもりなのですが(笑)

ということで、今回は趣向を変えて、ラーメンのレビューでも書きましょうか(変わってね~)。

京成高砂駅の近くを散歩していたところ、偶然発見した「麺心國もと」。何やら美味そうな雰囲気と、お客さんの混み具合から「お、ここは美味そうなラーメン屋かも」という、私のラーメンレーダーが働きました。

このレーダーが働くと、ラーメン好きの私としては食べずにはいられません。

ラーメンを食べてみた

20120111麺心國もと-001

京成高砂駅から徒歩1分圏内にある「麺心國もと」は、誰もがビックリするお店の形をしています。

狭すぎるのです。

20120111麺心國もと-003

カウンター12席くらいしかないお店なのに、椅子の後ろは狭すぎて後ろを通ることが出来ません。

ではどうやって席に着くのかというと、食券を買った後に一度外に出て、また引戸から入るという仕組みです。

20120111麺心國もと-009

席の後ろは一面引戸になっているので、好きな席に入ることができます。

面白い形のお店ですが、ラーメン屋で大事なのはやはり味ですよね!

つけ麺も非常に美味そうだったのですが、今回はスタンダードに普通のラーメンを頼むことにしました。つけ麺は次に食べた時にレビューする予定です。

で、きたのがこちら。

20120111麺心國もと-005

ラーメン 680円。

良いじゃないですか!美味そうじゃないですか!!

20120111麺心國もと-008

まずはスープを一口・・。

うん、魚介系の醤油だと思われる味。脂は少なくて食べやすいけど、けっこうな濃さです。私はこのくらいの濃さ、好きですね~♪

焦がしネギも入っているので、香ばしさも加わってさらに美味しいスープに。なかなかのお味です。

20120111麺心國もと-006

私の好みである中太麺。コシがしっかりしていて、歯ごたえがあって食べ応えがあります。

20120111麺心國もと-007

メッチャ美味かったチャーシュー!柔らかくて甘くて、最高です♪ただ、美味いんだけど量的には少なかったなぁ・・。もうちょい欲しい。

「麺心國もと」まとめ

なかなかに美味しいラーメン屋です!京成高砂ではあまり専門的なラーメン屋はないと思っていたのですが、その予想を良い意味で裏切ってくれましたね。

家が近いこともありますが、素直にまた来ようかなと思えるお店でした。

それと、気になったことが一つ。今日食べていた周りの人は、ほとんどつけ麺を注文していたのです。美味いのかな?

お次は絶対につけ麺を食べようと誓ったのでしたw

京成高砂駅からのマップ

京成高砂駅から徒歩1分


大きな地図で見る

青砥「麺屋 なごみ」のレビュー

こんにちは、takaです。ラーメン屋が少ない京成線沿いでも美味しいところはあるのです。今回は青砥にある「麺屋 なごみ」をご紹介します。

青砥駅から路地に入ってすぐにあります。若いお兄さんがやっているカウンターのみの小さなお店です。食券ではなく、食後に会計という形を取っている珍しいところ。

カウンター越しに注文するため、女性には入りにくいのかなと思っていたのですが、このお店はお一人様女性の比率がとても高い。若いお兄さんのおかげなのか?という予想もできますが、このお店はカップル・家族で来ている人達がとても多く、常に雰囲気が和やかな感じになっているお店なのが要因とも考えられます。しっかりと地域密着しているのも好印象ですね。

カウンターはL字型。合計10席程度しかありませんので、すぐに埋まってしまいます。この日も私は一番乗りで悠々と写真などを撮っていましたが、すぐに全席埋まってしまいました。青砥の中でもかなりの人気店です。そもそも青砥ってラーメン屋少ないしね・・。

メニューです。

私のおすすめは塩白湯麺!普通のラーメンよりもこってりであり、白湯麺よりもあっさり。ほど良くて好きです♪

きた~!塩白湯麺!!最近はいつもコレ食べてます。好き♪

豚骨スープみたいに見えますが、これは鶏ガラベースのようです。なので豚骨のように匂いがキツクないし、しつこくないしスープ自体もサラッとしています。綺麗に仕上げていますよね!でも味はとてもしっかりしてるのです。これも女性客が多い要因なのかも。うーん、良い仕事してるね、店長。

細麺。スープに絡まって美味しい。

チャーシュー。凄い柔らかい。あっさり目の味付けなのですが、濃い白湯麺にピッタリ合っていてとても美味しい!

煮玉子。漬けてます。かなり漬けられている玉子であります。味がすっごく染みこんでいますが、黄身は半熟でポイント高いです。一気に食べちゃいました。

この麺屋なごみは、青砥の中でもかなり美味しいラーメン屋です。けっこう通ってますね。常に満席状態で混んでいますが、並んでいる人は少ないですね。開店時(夜は18:00~)では余裕を持って入れますが、すぐに満席近くなるほどの人気店です。混んでいた場合は多少の待ちはしょうがないところかも知れません。

また開店時の空いている時を狙って来たいと思います。

青砥駅からのマップ

青砥駅から徒歩2分


大きな地図で見る

綾瀬「大勝軒」のレビュー

綾瀬の大勝軒に行ってきました!全国にたくさんあるものの、これまで入ることがありませんでした。ようやく大勝軒初体験です♪

うーん、旧き良きラーメン屋という感じがするお店でした。「ラーメンは外見じゃない、中身なんだよ」と言っているかのようなお店です。

この綾瀬店、店内の雰囲気は明るいです。親しみやすく、入りやすいですね。女性も一人で来ている方がいましたし、地域密着型ラーメン屋の雰囲気を出しています。

綾瀬大勝軒の中華そば写真

普通の中華そばです。

頼んでから気付いたのですが、たしか大勝軒と言えば「もりそば」が一番有名だったはず。あー、もりそばにすれば良かったなぁ。次に来た時は絶対もりそばを食べよう!そうしよう!

中華そばは醤油味。基本はあっさりですが、食べていくとだんだんと濃いような味にも変化します。麺の味もしっかりしていて、美味しいですね。

チャーシューと玉子写真

チャーシューと玉子。普通の味です。もっとトロトロで味が染みこんでいるチャーシューを想像していたのですが、歯ごたえも味もいたって普通でした。ちょっと残念。玉子も半熟ではなく、しっかりと煮込まれていて固めです。煮込まれていると言っても、味が染みこんでいる訳ではありません。こちらもだいぶ残念・・。

そして麺の量が多い!普通盛りのはずなのに、油断していると食べきれなくなるのではないかと思える量です。

周りを見てみると、もりそばもなかなかの量。これは飲みの後に軽く食べようってのはキツイ量かも知れないですね。

ちょっと残念なポイントが目立ってしまいましたが、スープと麺は美味しいです。次のもりそばを食べてから、大勝軒を通い候補に入れるかどうか決めたいですね。中華そばだけだと、ちょっと決められないな。

ただ、ここの大勝軒は一人の店員さんが演歌か何かを口ずさんでいます。常にどこかから「うぉ~、お~」と聞こえてくるので、一度気になるとアウトです。店を出るまでずっと気になるでしょう。私は未だにおっちゃんの声を覚えています。

綾瀬駅からのマップ

綾瀬駅 東出口から徒歩4分


大きな地図で見る

市川「つけ麺屋本店 ごえもん」のレビュー

またまた県境を超えて市川に来ているtakaです、こんにちは。江戸川に親しみを感じるようになってきたのは気のせいでしょうか。

さて、昨日は市川のつけ麺が美味しい店、「ごえもん」で昼食を食べました。

ごえもん写真01

「つけ麺屋本店 ごえもん」という名前の通り、ここはつけ麺をメインに扱っているラーメン屋です。今回、私はスタンダードな「醤油つけ麺」を注文しました。

ごえもん写真02

写真は中盛りの麺の量です。太さは中太くらいだったかな?

麺の量は食券を買う時に選べますが、並・中盛・大盛がどれも730円です。私は、中盛りを食べましたが、かなり調度いい量でした。ちなみに私、基本は並か中盛りで足りるくらいの胃袋です。

ごえもん写真03

ここのラーメン屋はつけダレがちょっと変わっていて、フルーティな酸っぱさと甘さがあります。しかしながら、その味が麺に見事にマッチして、独特の美味しい味を出しています。

一度食べだすともう止まりません。あっという間に中盛りを食べてしまいました。こんなに早くつけ麺を完食することはあまりないです。それほど好きな味でした。

一口食べた時の、煮干しの出汁が口の中に広がる感じも良いですね~。

濃い味のつけ麺が多いなか、ここは比較的あっさりで食べやすく、すいすいと食べれてしまいます。たぶん、大盛りも楽勝で食べられる気がします。

女性にも好まれる味だろうとは思いましたが、本日居合わせたお客さんは全て男性でした。うーん、なんだろう、雰囲気がアレなのかな・・?

「和」を感じさせるお皿に出された麺に、野菜とフルーツを煮込んだ独特の味を持っているつけダレ。

私はけっこう気に入りました。通い候補に入れたいラーメン屋ですね!

市川駅からのマップ

市川駅から徒歩2分


大きな地図で見る

市川「油そば 雷神」のレビュー

先日、市川にある「油そば 雷神」に行ってきました。

油そば雷神写真01

前を通るたびに「油そばなんて、凄い名前だな・・」と思っており、興味はあったのですが今まで食べてこなかった「雷神」。名前の通り、油が凄かったら完食できなそうだなと思い、今まで避けてきました。

ですが口コミを見てみると、それほど油っこくはないようです。なので今回、意を決して試してみることにしました。

油そば雷神写真02

写真は醤油ラーメン(650円)。麺の量は食券を出す時に店員さんに「並みと大盛り、どちらにしますか?」と聞かれます。私は初めてなので並みにしました。大盛りでも値段は変わらないようですね。

出されたラーメンを見てみると、スープがない・・。これは普通の店のラーメンとは異なり、丼の底の方に濃い醤油スープが溜まっているのです。食べる前にかき混ぜ、酢とラー油で味を調節するのが油そばの食べ方なのでした。

油そば雷神写真03

酢とラー油は常備されています。

油そば雷神写真04

かき混ぜるとこんな感じになります。これでようやく食べれる状態に。酢とラー油を混ぜるタイミングは、少し食べてみてからの方が良いでしょう。より好みに調節できると思います。

油そば雷神写真05

サービスでスープも付いてきます。そのまま飲むべきなのか、ラーメンに混ぜるべきなのか?説明もないので分からずにいましたが、周りの人はそのまま飲んでいましたので、その通りにしました。

ラーメンついては、油そばの名前を良い意味で裏切るくらいさっぱりしています。ギトギトではありませんでしたね。私にはちょうどいい油の量です。味はなかなか美味しかったですね。今までのラーメンと違った形がとても新鮮でした。

常連さんも多いようで、新しく連れてきた友人に食べ方を教えている場面も。私も参考にさせていただきました。お昼時には常に混んでいるラーメン屋です。

ただ、私にとっては通うほどのインパクトはなく、「またすぐに食べたい」とは思えなかったです。残念。

ただ常連さんが多いように、好きになる人も多いです。あくまで個人的意見ですので、興味がある方は是非とも食べてみてください。

あとは、注文してから出来上がるまでの時間が長い・・。これがなければもっと満足度は高くなっていたところでしょう。ちょっと残念でしたね。

市川駅からのマップ

市川駅から徒歩2分


大きな地図で見る