市川「拉麺阿修羅 颯」のレビュー

ダイエット中だけど、週に一度の拉麺だけは許して!どうも、takaです。

先日、市川に行ったついでに、けっこう名の知れたお店「拉麺阿修羅 颯(はやて)」で胡麻ラーメンを食べてきました。

胡麻ラーメン??今までにあまりない斬新な形を攻めているラーメンだなぁと思いつつ、なかなかに好評なお店なので以前から気になっていた所でした。今回ようやく潜入してきたしたので、レポしたいと思います。

ちなみに拉麺阿修羅は、もともとは船橋にあるラーメン屋。去年市川に新店を出してくれたので、私も食べることが出来ています。店長はあの有名な「麺屋武蔵」で修業を積んできているとか。美味さの基礎は出来上がっていそうっていう感じがします。

店内へ、そして拉麺注文!

拉麺阿修羅20111219-001 拉麺阿修羅20111219-002

市川駅からは目と鼻の先にあるお店です。電車を降りるとすぐにあります。

店内はL字型のカウンター席のみ。注文は食券を購入し、店員さんに渡すシステムです。

10名も座れないくらいの座席数。日曜日のお昼時、12時くらいに行きましたが、あまり混んでいる様子がないため、すぐに座れました。その後もお客さんは入ってきますが、私が行った日は並ぶほどの混雑はなかったです。

「拉麺阿修羅 颯」なんてちょっと怖そうな名前をしていますが、店員さんの愛想と態度がとてもよく、気兼ねなく入れるお店です。ここなら女性が一人で入っても大丈夫そうな感じがします。笑顔の店員さんが気さくに話しかけてきて誘導してくれますので、最近のラーメン屋独特の「固くて怖そう」なイメージは感じられないところです。

さて、今回私が注文したのは「あじ玉胡麻ラーメン 800円」。私は初めて入るところでは、8割方券売機の一番左上を買うという習性があるため、今回はこちらのラーメンを頼むことになりました。

何かラーメン屋って、券売機の一番左上にお店の自信作を持ってきませんか?そんなイメージがあるため、左上を買っておけば間違いないかなと思っています。もちろん、関係ない並びをしている時もあるので、そんな時はちゃんと選んで買います。

ラーメンを待っている間に、胡麻の効果を読んでみた。

拉麺阿修羅20111219-003

ふむ・・。ダイエットへの効果はないようだ。残念。

注文して5~10分くらいで、待望のラーメン到着!

拉麺阿修羅20111219-004

おーー、胡麻の香りがする!うまそー♪

いっただっきまーす。

拉麺阿修羅20111219-008

うん、なかなかの胡麻の味がするスープ。その名の通り、胡麻ラーメンですね。飲んだ感じは、担々麺から辛みを抜いたようなイメージ。シソも入っていますので、さっぱり感も味わえます。

濃い味のスープですが、しつこくなく、どんどん口に入っていきます。

拉麺阿修羅20111219-007

麺は中くらいの太さ。スープが濃いためか、麺はあまり印象に残っていないのですが、食べやすかったのは間違いないです。あっという間に無くなったのは覚えていますので。

拉麺阿修羅20111219-009 拉麺阿修羅20111219-010

あじ玉!真ん中で切られていない一個まるまるという形は久しぶりに見ました。中の黄身はもちろん半熟。甘くて味が染みててウマー♪

拉麺阿修羅20111219-011

チャーシュー!これまで食べてきた市川近辺のラーメン屋の中ではNo.1レベルの美味しさだったかも。

柔らかくて口で溶けるし、甘いし美味いし・・。かなり美味しかったです。チャーシューは非常に満足!ただ、ちょっと脂身が濃いので、たくさん食べると気持ち悪くなりそうですが。チャーシューメンは食えないかも・・?

「拉麺阿修羅 颯」まとめ

今まで食べたことがないだろうなと思って入ったラーメン屋でしたが、担々麺とかなり似ている味でしたので、「あ、分かる味だ」という感じでした。

全体的に味は良かったですが、スープが全部飲みきれないくらい、胡麻の味が濃かったです。胡麻好きな人にはたまらない味なのでしょうが、私には全部はいらないなというところでした。

通うとまではいかないですが、たまーに食べたくなる味を持っているラーメンってところでした。

市川駅からのマップ

市川駅南口から徒歩3分


大きな地図で見る

市川「つけ麺屋本店 ごえもん」のレビュー

またまた県境を超えて市川に来ているtakaです、こんにちは。江戸川に親しみを感じるようになってきたのは気のせいでしょうか。

さて、昨日は市川のつけ麺が美味しい店、「ごえもん」で昼食を食べました。

ごえもん写真01

「つけ麺屋本店 ごえもん」という名前の通り、ここはつけ麺をメインに扱っているラーメン屋です。今回、私はスタンダードな「醤油つけ麺」を注文しました。

ごえもん写真02

写真は中盛りの麺の量です。太さは中太くらいだったかな?

麺の量は食券を買う時に選べますが、並・中盛・大盛がどれも730円です。私は、中盛りを食べましたが、かなり調度いい量でした。ちなみに私、基本は並か中盛りで足りるくらいの胃袋です。

ごえもん写真03

ここのラーメン屋はつけダレがちょっと変わっていて、フルーティな酸っぱさと甘さがあります。しかしながら、その味が麺に見事にマッチして、独特の美味しい味を出しています。

一度食べだすともう止まりません。あっという間に中盛りを食べてしまいました。こんなに早くつけ麺を完食することはあまりないです。それほど好きな味でした。

一口食べた時の、煮干しの出汁が口の中に広がる感じも良いですね~。

濃い味のつけ麺が多いなか、ここは比較的あっさりで食べやすく、すいすいと食べれてしまいます。たぶん、大盛りも楽勝で食べられる気がします。

女性にも好まれる味だろうとは思いましたが、本日居合わせたお客さんは全て男性でした。うーん、なんだろう、雰囲気がアレなのかな・・?

「和」を感じさせるお皿に出された麺に、野菜とフルーツを煮込んだ独特の味を持っているつけダレ。

私はけっこう気に入りました。通い候補に入れたいラーメン屋ですね!

市川駅からのマップ

市川駅から徒歩2分


大きな地図で見る

市川「油そば 雷神」のレビュー

先日、市川にある「油そば 雷神」に行ってきました。

油そば雷神写真01

前を通るたびに「油そばなんて、凄い名前だな・・」と思っており、興味はあったのですが今まで食べてこなかった「雷神」。名前の通り、油が凄かったら完食できなそうだなと思い、今まで避けてきました。

ですが口コミを見てみると、それほど油っこくはないようです。なので今回、意を決して試してみることにしました。

油そば雷神写真02

写真は醤油ラーメン(650円)。麺の量は食券を出す時に店員さんに「並みと大盛り、どちらにしますか?」と聞かれます。私は初めてなので並みにしました。大盛りでも値段は変わらないようですね。

出されたラーメンを見てみると、スープがない・・。これは普通の店のラーメンとは異なり、丼の底の方に濃い醤油スープが溜まっているのです。食べる前にかき混ぜ、酢とラー油で味を調節するのが油そばの食べ方なのでした。

油そば雷神写真03

酢とラー油は常備されています。

油そば雷神写真04

かき混ぜるとこんな感じになります。これでようやく食べれる状態に。酢とラー油を混ぜるタイミングは、少し食べてみてからの方が良いでしょう。より好みに調節できると思います。

油そば雷神写真05

サービスでスープも付いてきます。そのまま飲むべきなのか、ラーメンに混ぜるべきなのか?説明もないので分からずにいましたが、周りの人はそのまま飲んでいましたので、その通りにしました。

ラーメンついては、油そばの名前を良い意味で裏切るくらいさっぱりしています。ギトギトではありませんでしたね。私にはちょうどいい油の量です。味はなかなか美味しかったですね。今までのラーメンと違った形がとても新鮮でした。

常連さんも多いようで、新しく連れてきた友人に食べ方を教えている場面も。私も参考にさせていただきました。お昼時には常に混んでいるラーメン屋です。

ただ、私にとっては通うほどのインパクトはなく、「またすぐに食べたい」とは思えなかったです。残念。

ただ常連さんが多いように、好きになる人も多いです。あくまで個人的意見ですので、興味がある方は是非とも食べてみてください。

あとは、注文してから出来上がるまでの時間が長い・・。これがなければもっと満足度は高くなっていたところでしょう。ちょっと残念でしたね。

市川駅からのマップ

市川駅から徒歩2分


大きな地図で見る