仕事中に付けるハンドクリームでお勧めを探してみた

以前べたつかないハンドクリームとしてオルビスを紹介しましたが、それ以降ハンドクリームに興味を持ち、いろいろと購入するようになりました。

ネットや友人の評判をみて購入 ⇒ 試してみる ⇒ 気に入ったらローテーション入り。ダメなら二度と使わない

というサイクルを繰り返し、現時点では3つほど気に入ったものが残っています。3つも発見できたのは上出来かも知れません。

で、この3つのハンドクリーム、何を一番に重要視して選んだのかというと

『仕事中でも問題なく使えるかどうか』

に絞って選んでいます。私は基本的にパソコン仕事をしています。紙もよく触りますし、当然ペンも持ちます。なのにベタベタしてて触ったものに跡が付いてしまうハンドクリームでは、話になりませんよね。使いたくても使えないというものです。

仕事中のハンドクリームとして求めたモノ

ということで、仕事中に使うハンドクリームとして私が求めたのは以下の4点です。

  1. 短時間で肌に馴染み、ベタつかない
  2. 匂いがない
  3. 適度な保湿がある
  4. 価格が安い

ベタつかないのは基本中の基本。塗ってから素早く肌に馴染み、サラサラな状態になるものじゃないと使いたくありません。それに無臭なのも大基本です。仕事中に余計な匂いを出すのは控えた方が無難だと思いますので。この2点は外せません。

そして保湿。これは残念ながらベタベタなほど保湿力が強いと感じられる傾向にあります。なのでベタつかないハンドクリームの場合、保湿力はどうしても「ある程度」になってしまいます。なので、ベタつかない中でも良い感じで手が潤い、長時間保湿されるものを求めました。

乾燥状態が厳しいという方は、塗る頻度が多くなってしまうと思います。

そして最後は価格。これは個人的な意見ですが、『値段が高いハンドクリームを使わなくても、探せば良いものはいくらでもあるだろう』と思っているからです。なので、私が試してきたのも、このページで紹介するのも低価格な商品に限ります。価格高めの高級品は試していませんのでご了承を。

【その.1】 オルビス「ハンドトリートメント」

ハンドクリーム写真01

私が最初に気に入った『仕事用のハンドクリーム』がオルビス。その後、色々な商品を試してきましたが、この使い心地を超えるものはなかなかありません。結局最初から最後まで最も使う頻度が高いハンドクリームとなっています。

付けたあと、1~2分程度でサラサラな状態になっており、パソコンや書類にベタベタが移ることもありません。仕事中でも非常に使いやすく、塗った後の感触が気持ち良いハンドクリームです。塗った直後にほんの少しだけ匂いを感じますが、気になるレベルではありません。すぐに匂いはしなくなります。

それに撥水性があるので、多少水に付けても弾いてくれます。ただし、洗い物までするとけっこう落ちるかなと感じますので、水仕事が主な方は頻繁に付け直す必要があるかも知れません。

保湿はそこそこ良いと感じます。ベタつかないハンドクリームの中では、かなり優秀な方だと思いますね。手に薄い保湿膜がコーティングされている感じになるので、本当に『程よく』保湿されているなという実感があります。

色がピンクということで女性には問題ないですが、男性は購入をためらう要因になってしまうかも知れません。ですが、オルビスのハンドトリートメントは仕事中に使う用としては本当にお勧めできます。男性の方は普段は机に入れておいて見られないようにして、サッと取り出して使ったりするのも良いと思います。ちなみに、私はもはや人前でも躊躇なく使っています。ピンクって慣れると男性でもオシャレなんですよね。

価格: 690円 / 70g

オルビス公式通販サイト

※※
オルビスの通販は1品から送料無料です。

【その.2】 アテニア「ハンドトリートメントホワイト」

ハンドクリーム写真02

オルビスと近い良さを持っていたのがアテニアの「ハンドトリートメントホワイト」。匂いが無く、肌への馴染みが早くてべたつかず、適度な保湿力を持っているという点で、オルビスと共にお気に入りのハンドクリームです。

基本性能は上記のオルビスと同じ感じなので、新たな解説は省きます。逆にオルビスと比べて良い点と悪い点を、客観的に判断してみようと思います。

【良い点】
ケースの色が水色なので、女性はもちろん、男性が持っていても不自然ではない

【悪い点】
オルビスよりも、少しだけベタつくと感じられた

こんなところです。保湿や価格などの他の面はほとんど同じくらいでしたね。こちらもかなり仕事中に使う用としてはお勧めのハンドクリームです。

価格: 730円 / 80g

アテニア「ハンドトリートメントホワイト」の公式ページへ

※※
アテニアの通販は1品から送料無料です。

【その.3】 メンソレータム薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」

ハンドクリーム写真03

薬局で購入できるのが魅力の薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」。メンソレータムが提供しており、10年間売れ続けているロングセラーハンドクリームです。

手に塗った感じはべたつかず、浸透も悪くありません。匂いもなく、保湿も程々にある商品ですが、オルビスやアテニアと比べると少しベタつきが気になるように感じられます(当然ですが使用感に個人差はあります)。

塗った後はサラサラになりますし、仕事をするのに特に支障は出ません。良いハンドクリームだと思います。

色は濃い緑なので、どちらかというと男性向きの色と言えるでしょうか。あまり可愛さらしさは求められないケースとなっています。

このハンドクリーム、個人的には薬局で置いてあるものの中ではTOPクラスに気に入っています。通販とか面倒くさいなと思っている方は、是非とも薬局に行って小さいサイズを試してみてください。かなり使いやすいので、気に入るかも知れません。

価格: 630円 / 70g

※※
お近くの薬局に多分売っています。

まとめ

個人的なお勧めはオルビスの「ハンドトリートメント」です。とても使用感がよく、サラサラなのに適度な潤いを手に与えてくれますので、もはや仕事中に手放せない存在となっています。

それにオルビスは購入するのも楽なのです。全国にSHOPを構えていますし、通販を利用する場合でも1品から送料無料なので、家に居ながら届けてもらっても損しないのです。お届けも、翌日か2日後には届けてくれますので、暇を見つけてショップに買いに行くよりも早く手元に届いてくれます。これは忙しい方にとっては嬉しいところですね。

家の近くにオルビスショップがない場合は、是非とも公式サイトの通販を利用するようにしてください。

全国のオルビスショップ情報
オルビス公式通販サイト

近くの薬局で良いのを購入したいという場合は、メンソレータム薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」がおすすめです。薬局で売られている中では、かなり仕事向きだと思っていますので。

べたつかないハンドクリームのおすすめを探したらオルビスにたどり着いた

どうも、takaです。ピンクは嫌いじゃないですが、自分の持ち物として入っていると恥ずかしくなります。可愛すぎるんですよ、その色。嫌いじゃないんですけどね、ええ。

何か、最近の手の乾燥が酷すぎて異常事態を出しています。乾燥しすぎて「あかぎれ」がひっきりなしに発生してしまいます。

20120210ハンドトリートメント-008

こんな感じのが出来ては治り、出来ては治りの繰り返しです。これ、けっこう痛いんですよね・・。

以前、ユースキンAを使ってあかぎれが良くなった記事を書きましたが、塗るのを辞めると新しいあかぎれがすぐに発生します。例年にない大量発生。どうやら今年の私の手は、かなり乾燥状態にあるようです。

「じゃあ、冬の間ずっとユースキンAを付けてれば良いのでは?」と思うかも知れませんが、使ったことある人は分かると思いますが、ユースキンAってかなりベタつくんですよね。私、このベタベタ感がかなり嫌いで、今までずっとハンドクリームの類を付けてこなかった理由がそれなのです。

取りあえず、冬を乗り切るまで何とか保湿対策をしなければ、このあかぎれサイクルは切ることが出来なそうだ。そうなると答えは一つしかありません。そう、【ベタつかないハンドクリーム】を探して使えば良いのです。そして色々とネット上でハンドクリームの評判をチェックして探してみたところ、オルビスの『ハンドトリートメント』がべたつかなくて保湿力もなかなか、さらに低価格のハンドクリームだということが分かりました。何か良さそうだ。

そうと決まれば早速購入。

20120210ハンドトリートメント-003

これがオルビスのハンドトリートメント。ピンクかぁ~、ちょっと可愛すぎるな。女子に見られないように持ち運ばないとですね、これは。

さてさて、本当にベトつかないハンドクリームなのでしょうか?実際に塗ってみることにしましょう。

20120210ハンドトリートメント-002 20120210ハンドトリートメント-009

右の写真が塗った2分後です。付けて2分くらい経てば、洗い物も出来るくらい馴染んでいるとの情報があり、2分後の写真を撮ることにしたのです。

あまりテカっておらず、写真ではそれほど変化がないように見えます。ですが、手に潤いのコーティングがされているような感覚で、程よく潤ってくれています。ここでのポイントは「あくまで程よく」です。あまりハンドクリームを使ったことはありませんが、おそらく潤い力は普通よりもちょっと上くらいのレベルだと思います。それほど強い保湿ではありませんでした。

ですが、けっこう保湿は長続きしてくれるのでありがたいです。

肝心のベタつきですが、これはもう見事なくらいべとつきません。大体、付けて30秒くらいで手に馴染み、けっこうサラサラな状態になってくれます。うん、こんな感じのを求めていたのです♪

付けてすぐでも、キーボードやマウスを触れます。

20120210ハンドトリートメント-001

ベタつきが移ることもありません。思ったのですが、これって仕事中に塗るのに最適なハンドクリームかも知れませんね。付けてすぐ仕事に移れるって凄く良いです。ああ、ピンクじゃなければなぁ(笑)女性なら問題なく使えるんですけどね・・。

ちなみに撥水性があるので、ちょっとした水洗いなら付けてすぐでも出来ます。水仕事をよくする方にもお勧めかなと思いますが、さすがに長時間水に付けているとかなり落ちるなと実感しています。適度に付け直す必要は出てくるでしょう。

まとめ

購入以来、毎日使っています。久しぶりの当たり商品ですね!70gで690円という低価格なのも、他の質の高いブランドでは考えられない値段です。長期に渡って使っていけるハンドクリームだと思っています。

ただ、本当に乾燥が酷いという方にお勧めかどうかは微妙です。それほど強い保湿は感じられない商品だと思いますので、保湿重視を求めている方には向いていないハンドクリームかも知れません。

ベタつかず、適度な保湿を求めていた私には、かなりピッタリで使いやすいという印象です。

興味がある方はこちらからチェックしてみてください。
オルビス公式通販サイト

++++++++++

こちらのサイトもお勧めです。
べたつかないハンドクリーム おすすめランキング

「ユースキンA」は あかぎれ・ひび対策だけでなく、保湿クリームとしても使える!

新年も早5日目、早いもんですな~。にもかかわらず、未だに今年の計画立案が終わっていない男、takaです。三が日にバッチリやろうと思っていたのですが、見事にだらけました!いかんなぁ・・。

まあ、それは置いといて、今日は「ユースキンA」のお話を。

年末の大掃除で久しぶりに長時間の水仕事をしたためか、30日くらいには両手に酷い状態のあかぎれ・ひびが出てしまいました。

で、以前に「ユースキンAが良いらしい」という情報を聞いたことがあったので、早速購入して試してみました。そのレポートをしたいと思います。

ユースキンAを付けてみた

ユースキンAは今の私の悩みである「あかぎれ・ひび」にピンポイントで良いとのこと。家の近くにホームセンターがあり、そこで120g入りが900円くらいで売っていたので購入しました。

20120105ユースキンA-003 20120105ユースキンA-006

指を動かしただけで、かなり痛くなるくらいにまで成長してしまったあかぎれ。頼むぞユースキンA、何とかしてくれ。

20120105ユースキンA-012 20120105ユースキンA-014

手にたっぷりと塗ってやりました。

付けてみると、けっこうな保湿力があります。付けて何もしなければ、数時間は塗ったところが乾燥しません。値段の割にはかなり良いのでは?と思えます。

ただし、保湿クリーム特有のベタベタ感は健在です。私はこのベタベタがかなり嫌で、気持ち悪くなってしまいます。でもあかぎれ改善のためにはしょうがない、治るまでは付け続けるしかないですね。

そして独特な匂いがありました。上手く表現できないのですが、この匂いは少しキツイ。でも塗ってみるとすぐに匂いは感じなくなりますが。

20120105ユースキンA-013

クリームが黄色いのはビタミンB2の色だそうです。それがどうあかぎれに影響するのか?とかの専門的なことは私には分からないですが、何となく良さそうだという期待を持ってしまうから不思議です。

このユースキンA、調べてみると保湿クリームとして愛用している方も多いです。使うのを遠慮してしまうような高い保湿クリームを使うよりも、安くてもしっかりと効果を実感できるユースキンAは人気が高いようですね。人によっては足に塗ったり、顔の保湿クリームとして使っている女性もいますので、かなり幅広く使われているようです。(参照:Yahoo!知恵袋

確かに、使ってみて分かりますが、あかぎれ・ひび用だけでなく、保湿クリームとして十分な役割を果たしてくれています。しかも安くて容量も多いという、非常に優れたコストパフォーマンスを見せてくれる商品なので、発売から50年たった今でも人気が高い商品というのも頷けます。

そういえば、友人も手の保湿用に使っていると言っていました。この商品が肌に合う人は安上がりで済むので、嬉しい限りですね♪実は私も合いそうなので、冬の乾燥している間だけ使い続けてみようかな。手がベタベタになるのも、使っていくうちに慣れるかも?

ユースキンAを塗った結果

塗り始めて3日目からあかぎれが塞がり始め、4日目にはほとんど完治状態になりました。

20120105ユースキンA-015 20120105ユースキンA-016

保湿クリームの類をほとんど使わないので、ユースキンAが他と比べて保湿力はどうなのか、あかぎれが良くなるスピードは早いのかなどの比較はできませんが、とにかく治ってくれたのは嬉しいですね。

また、使わなくても結局は治っただろうとも思いますが、ユースキンAを塗ったことによる潤い効果が、あかぎれに対して好影響を与えてくれたんだろうな・・とも思っています。

まとめ

おそらく、一家に一つ置いておいて損はないと思われる商品です。乾燥する秋・冬の時期にはかなり役に立つだろうと思われます。

近所の薬局、ホームセンターなど、どこでも売っていると思いますので、あかぎれ・ひび対策、または保湿クリームを探しているという方は、試しに使ってみるのも良いと思います。お勧めです。