母の日に、思い出の詰まったフォトブックを贈るのも良いと思った

先日参加した花とギフトの母の日フェア2012にフジフイルムのブースがあり、その中で『フォトブック』を大々的にお勧めしていました。「フォトブックが徐々に人気が出てきている」という傾向があり、母の日のプレゼントにお勧めです!と社員さんは言っていましたが、私もその意見には同意です。

というのは、私、takaは個人的にフォトブックが大好きであり、すでに2ケタ作っているという「フォトブックおたく」だからです。デジカメで撮った写真を、自分の好きなように写真集にして残せるというところが凄く気に入っています、ええ。

母の日のプレゼント候補は数多くあると思いますが、私はフォトブックも良いのではないかと思います。

特に遠方にお嫁にいった女性にお勧めしたいです。他県にお嫁に行った場合、ちょくちょく実家に帰ることが出来ません。なので実家の両親に孫を会わせられるのが年に数回しかないという場合も多いことでしょう。

そのような場合に、孫の笑顔がたくさん詰まったフォトブックを両親にプレゼントするのは、これまでになく素晴らしい母の日のプレゼントになるかも知れませんね。とても喜んで貰えるだろうと思います。

フジフイルムなら簡単にフォトブックが作れる

この日はフジフイルムさんの様々なフォトブックを見ることが出来ました。

20120319フジフイルムフォトブック-030 20120319フジフイルムフォトブック-035

20120319フジフイルムフォトブック-058 20120319フジフイルムフォトブック-065

元々テンプレートが多く、デザイン性能も高い上にお手頃価格で作成できるので、個人的にはフォトブック業界の中でもTOP3に入る会社だという判断をしていました。で、今回実際に色々なパターンのフォトブックを見てみると、やはりフジフイルムで作るのはお勧めできるということが分かりました。

特に子供の成長記録のフォトブックはテンプレートが充実しており、とても作りやすいだろうなという印象です。

出産時の記録を書けるテンプレートもありますし

20120319フジフイルムフォトブック-059

自分で細かく設定しなくても、元々決まっている配置上に好きな写真と文字を入れることで、とても簡単に作ることができます。

20120319フジフイルムフォトブック-064

これもテンプレートで作っています。他にも様々なテンプレートがあるので、初めてフォトブックを作るという方も、かなりスムーズに作れるでしょう。

作成時の注意点

基本は通常作成で作ります。テンプレートの数も多いですし、デザイン面での不満は全く出ないと思います。ただ、通常作成はソフトをダウンロードしないと作れないため、余計なダウンロードをしたくない方や古いパソコンを持っている方には、少し敷居が高いかも知れません。また、パソコン自体に慣れていない方はひょっとしたら作り難いと感じるかも知れません。

その場合はフォトブックデザイン簡単作成タイプで作成するようにしてください。何もダウンロードすることなく、フジフイルムのWeb上で作ることが出来ます。テンプレートも綺麗なタイプがある程度は用意されていますし、作成途中のアドバイスが痒い所に手が届くくらいの適切なものですので、きっと問題なく作ることが出来るでしょう。

予算をオーバーすることはない

フォトブックは自分で自由に作ることが出来、さらに業者に写真集・アルバムを頼むよりも遥かに安く仕上げることが出来ます。

母の日にプレゼントする用の予算は人それぞれですが、自分の予算に応じたフォトブックが楽々作れるのも、フジフイルムの魅力です。

例えば5,000円以内に抑えたい場合は、

  • フォトブックデザインタイプ
  • ハードカバー
  • 205×145㎜
  • 32P

このスペックにすれば、4,480円で作ることが出来ます。これで送料、手数料などを入れると、だいたい5,000円くらいになります。

もちろん、予算に応じてページ数を増減したり、サイズを変更するのは自由にできます。ソフトカバーにすることも出来ます。自分の好きなように調節できるので、価格面で迷うことがなくなります。これはプレゼント選びで嬉しいポイントですね。

フォトブックはフジフイルムで作っても良いのか?

冒頭でもお話した通り、私はかなり多くのフォトブックを作っており、各会社の良い所、悪い所などの情報をかなり知っております。

当然フジフイルムについても、初心者よりは情報を知っているつもりです。

で、母の日へのプレゼント用としてフジフイルムはお勧めなのかどうかで言うと、『かなりお勧め』だと判断します。

理由は

  • テンプレートが充実しており、デザイン性能が良い
  • 簡単に作れる
  • 程よい価格で作れる

ことが挙げられます。個人的にはフォトブックの有名会社である『MyBook』と同じくらいのお勧め度を持っている会社がフジフイルムです。もしも母の日用でフォトブックを作る予定がある方は、是非ともフジフイルムもチェックしてみてください。

【詳細はこちらから】
ソフトをダウンロードするタイプ
フォトブックデザイン簡単作成タイプ

++++++++++

フォトブックについての情報をもっと知りたい場合は、こちらのサイトを見て参考にしていただければと思います。
フォトブック おすすめの比較と体験談のブログ

卒業アルバム作りに外せないフォトブック会社を3つ挙げてみた

中学校の卒業アルバムで会心の笑みを浮かべてしまったtakaです。こんにちは。当時は本気で恥ずかしかったですが、今となっては良い思い出です。

さて、そんな卒業・卒園アルバムですが、最近ではフォトブックで作っている学校も少なくないようです。フォトブックなら先生方がweb上、または専用ソフトを使って自由に作成することが出来るし、場合によっては生徒達自身がそれぞれのフォトブックを作り、一冊ずつ注文するということも出来るので人気を呼んでいるようです。

実際に生徒一人一人に合わせた表紙を作り、1冊ずつ作ってしまう学校もあるとのこと。たしかに、それは一生の思い出になりますね。

でも、ここで問題になるのが、どのフォトブック会社を使えば良いのかということ。ハッキリ言って、初めて作成しようと思っている段階では、どの会社のデザイン性能が良くて、どのくらいの画質と品質を提供してくれて、自分たちでも簡単に作れるのかどうか、なんてことは分からないと思います。

そのような方に、『卒業アルバムに活用できる最適のフォトブック会社』を3つくらい挙げておこうと思います。実は私、かなりフォトブックには興味があり、自分でも何冊か作っているので、自分で言うのも何ですが結構詳しいです。フォトブックならかなり安上がりだし、写真集並みの品質と画質が再現できることに凄く魅力を感じています。

今回は卒業アルバムということなので

  1. 先生、もしくは生徒達が楽しんで作れそうか
  2. 創意工夫を重ねられて、オリジナリティあるものが作れるか
  3. 良心的な価格であるか
  4. 画質は良いか
  5. 紙質、加工方法がしっかりしていて、長期保存に適していそうか

などを考慮して、作成会社を選んでみました。これから卒業アルバムをフォトブックで作ろうとしている先生、または生徒さん方は、参考にしていただけると嬉しいです。

MyBook

MyBookフォトブックの写真

まずご紹介したいのはアスカネットが運営している『MyBook』というサービス。サイズと種類が程よく揃っており、ハードカバーでもソフトカバーでも作れます。個人的には、デザイン性能はフォトブック会社の中でも一番良いと思っています。ソフトをダウンロードして作成するタイプなので多少の手間が掛かりますが、凝った作りにしたいという場合でも非常に役に立つ機能が揃っていますので、生徒さん自身で作る時にも、良い勉強になるのではないかと思います。仕上がりの画質・品質は共に写真集並みにいいです。生徒たち一人一人でデザインを変えて、それぞれ1冊から注文するのもお勧めです。

※:MyBookはMacで作ることは出来ません。

ちなみに、卒業アルバム作成で人気のサイズは
1位 DX 263T
2位 ART 180s
3位 ART 260s
の順だと聞いています。

1位の「DX 263T」は、B5サイズのノートとほぼ同じサイズです。本棚に並べて保管できますね。

【価格例】
「MyBookDX 263T」を20Pで作成すると 4,725円

【詳細はこちらから】⇒オリジナル写真集ならMyBook

フジフイルム

富士フィルムフォトブック写真

フジフイルムでもかなり質の良いフォトブックを作ることが出来るため、卒業アルバムに活用することが出来ます。MyBookと異なる点は、「さらに簡単に作れる」「デザイン性能は普通」「印画紙出力タイプもある」といったところです。仕上がりの品質や価格面ではほとんど差はありません。

印画紙出力とは、通常の写真のような質感を表現できる出力方法です。MyBookなどの他のフォトブック作成会社は基本的にオンデマンド印刷を利用しているところが多いですが、印画紙出力の方が細かい部分までしっかりと描写できるのが特徴です。

【価格例】
「ハードカバー 250×176mm」を24Pで作成すると 5,080円

【詳細はこちらから】⇒フォトブックデザイン簡単作成タイプ<フジフイルムモール>

フエルフォトブック

フエルフォトブックの写真

「卒業おめでとうキャンペーン」もやっており、3月21日までは20%OFFで注文できます。価格がとても安い上に、画質・品質共に申し分ないフォトブックを作ることが出来ますが、デザイン性能はちょっと低いかなと感じます。そして編集している時に突然動作が遅くなるのも痛い所。自分たちで凝ったデザインにしたいという場合にはお勧めできませんが、シンプルなデザインで良いのであれば最もお勧めしたい会社です。

【価格例】
「ハードカバー 210×210mm」を20Pで作成すると 5,250円(3月21日まではさらに20%OFF)

【詳細はこちらから】⇒フエルフォトブック

まとめ

  • 皆で楽しく作成し、凝ったデザインにしたい!⇒MyBook
  • 簡単に作りたい。より画質にこだわりたい!⇒フジフイルム(印画紙出力)
  • シンプルな作りで良い。確かな品質を低価格で!⇒フエルフォトブック

こんな感じで選べば大丈夫だと思います。個人的には『卒業アルバム』は一生に一度の思い出となるため、皆でなるべく時間をかけて凝って作って欲しいな・・という思いがあります。なので、もしも私が先生ならMyBookを選ぶでしょう。

今回は3社しか紹介していませんでしたが、他にもたくさんフォトブック作成会社はあります。上記3社を選べばまず間違いないと思いますが、もっと違うサービスを期待したいという方は色々と探してみてください。きっと希望の所は見つかると思います。

「MyBook」でフォトブック作り!今回は高尾山の紅葉です

どうも、フォトブック作りにかなりハマりつつあるtakaです、こんにちは。フォトブックを作っている時の集中力を保存して別で活かせればとさえ思っています。面白いこととつまらないことの集中力の差って凄まじいことを改めて実感。

フォトブックを作るのは今回で2回目。前回はMyBookよりも作成が簡単なかんたんMyBookで作りましたが、今回はちょっと操作が難しいMyBookの方に挑戦しました。

MyBookとかんたんMyBookでの大きな違いは、「フォトブックを作成する時に専用ソフトをダウンロードするかどうか」です。MyBookはソフトをダウンロードして作ります。その分様々な操作ができ、凝った仕上がりにすることができます。かんたんMyBookはダウンロードの必要はなく、web上で作れるという利点がありますが、細かい操作やデザインの指定をすることが出来ませんので、オリジナリティに欠けるところがあります。

それぞれにメリット、デメリットがあります。私が今回「MyBook」で作成したのは「前回とは違ったもので作りたかったから」という、単なる興味本位によるものです。大層な理由はありませんのであしからず。

意外と作成が簡単だった

で、いざMyBookを作ってみると、初めこそ操作説明を見ながらおっかなびっくりやってましたが、30分くらい色々といじっていたら完全に慣れてしまいました。

フォトブック20111202-002

慣れるとホント、簡単でした。普段パソコンを触ることがなく、操作に不慣れな方はひょっとすると手こずるかも知れませんが、大体の方は使っていく過程で操作が分かってくるでしょう。パソコンを知っている方でしたら、もはや感覚で操作できると思います。

MyBookを自由に使えるようになると、かんたんMyBookで作る必要はなくなるかもなぁ。かんたんMyBookはフォトブックを初めて作る場合か、もしくはパソコン操作がいまいち分からないという方が使うと良いでしょうね。あと、デザイン考えるのが面倒な場合。あ、やっぱり使いそうかも。

とにかく、予想外にスムーズに操作できたので、約2時間ほどで注文までたどり着きました。そしてちょうど一週間後、フォトブックは我が家に到着したのです。

フォトブック、開封

到着したフォトブックはこちら。

フォトブック20111202-004 フォトブック20111202-005

今回もソフトカバーで作ったので、半透明ブックケースが付いています。フォトブックの触り心地とかは前回と一緒です。仕上がりはMyBookもかんたんMyBookも変わりませんね~。

フォトブック20111202-007 フォトブック20111202-009

うん、なかなか綺麗。よーく目を凝らすと写真のドットが見えなくもないですが、そんなのは気にならないレベル。私にはこれで十分。

フォトブック20111202-015

左が今回作った180Sサイズ。右がCDサイズです。けっこう大きさ違いますね。

フォトブック20111202-014

関係ないけど漫画で比べちゃった。上下はコミックスと同じサイズ。本棚への収納も問題なし。

まとめ

今回作成したフォトブックのスペックは

  • MyBookART
  • ページ数10P
  • 写真21枚使用
  • ソフトカバー、背綴じ、左開き
  • 180Sサイズ(180mm x 180mm)
  • 送料420円を入れて3,045円

ってところです。前回のCDサイズよりもワンランク大きい180Sにしたので、値段もまあまあ増えています。(CDサイズで作った前回は1,890円)

前回のかんたんMyBookで作った時よりも、全然充実度は高いですね~。色々と凝って作った部分もありましたから。

自分で自由にフォトブックのデザインをいじりたい場合は、間違いなくMyBookで作った方が良いと感じました。私は今後、アスカネットでフォトブックを作成する時はMyBookで作ることになるかもなぁ。自分の中で決定してしまいそうだ。

「かんたんMyBook」はホント、簡単に作れて良いんですけどね。デザイン考えるのが面倒な時には最適なんですが、今の私には物足りなくなっちゃった・・。

マイブック

デジカメ写真を本にする「フォトブック」を試してみた

こないだ御岳山に登山しに行った時から、これまでに全くなかった考えが頭に出てきてしまっているtakaです、こんにちは。

なんか、デジカメで撮った山の風景の写真を見ていたら、「このままじゃ何かもったいない」「気に入った写真を数年後、数十年後にまた見れるように、単なる写真ではなくて本にしておきたい」という思いが出てきたのです。

これまで全く思わなかったことなんですけどね。ホント急にですね。

で、そんな風に考えだしたらもう止まらない。早速やってみることにしました。

何故こうもスムーズに進んでしまったかというと、私はネット上のサービス「フォトブック」の存在を知っていたからだと思います。だから「こういうのがあるからやってみたい!」という思いがすぐに出てきたのでしょう。

フォトブックって何?という方に、こちらの引用を使わせていただきます

「オリジナル写真集(フォトブック)」が、
誰でも、1冊から、簡単に作成できるサービスです。
しかも出来上がりは、世界のフォトグラファーが認めるクオリティー。
「子供の成長記録」から「本格的な写真作品集」まで、
写真プリントには無い楽しさに、きっと感動していただけるはずです。

(引用:マイブックより)

つまりデジカメのデータさえあれば、自分のパソコン上で自由にカスタマイズした「オリジナル写真集」が作れるということですね。

これ、試してみたらハマるハマる。満足できる写真集を作るために、気付いたら3時間くらい熱中して作ってました。

ちなみに今回私が利用したサービスは「かんたんMyBook」です。アスカネットという会社が提供しています。「MyBook」というサービスもあるのですが、そちらは専用ソフトをダウンロードしなければならず、ちょっと手間が掛かってしまいます。

かんたんMyBook
MyBook

今回は私も初めてということで、ソフトのダウンロートとか何もしなくても簡単に編集できるという「かんたんMyBook」を利用してみたってわけです。ただ、もっと自分の好きなように編集したい場合は通常の「MyBook」を利用した方が良さそうです。それはおいおい試していきたいと思っています。

一番少ないページ枚数(10枚)で、一番小さなサイズで作って、お値段が送料込で1,890円となりました。まあ良いかな。もうちょい安いところもありましたが、アスカネットが「色合い」「耐久性」の面で口コミの評判が良さそうだったので、今回はお試しで利用することに決定したという裏話もあります。評判ってまあまあ大事。全て鵜呑みにしてはいけないのはもちろんですが。

今回「かんたんMyBook」で作った御岳山写真集はこんな感じになりました。

20111115_8 20111115_13

詳細はこちらのページでまとめています。
「かんたんMyBook」で登山のデジカメ写真をフォトブックにしてみた

そうそう、フォトブックを利用するようになったことで、今後の楽しみが一つ増えたような気がします。将来、奥さんや子供や孫たち、おじいちゃん達と一緒に思い出を振り返るのも悪くないですからね。

フォトブックなら数年、数十年と長持ちしてくれる(多分・・)と思いますので、今後も何か良い写真が撮れたら作っていきたいですね。

さしあたっては今月の高尾山の紅葉ツアーで作ってみるのも悪くないかな。良い写真が撮れそうだし。

かんたんマイブック

++追記++

今回の作成を期にフォトブック作りにハマってしまいました。その結果、新たにフォトブックのことを詳しくまとめたサイトをオープンすることになりました♪

フォトブック作成レポート