iPhone5sの本革スマートフォンケースを自分で作れる体験教室に参加してみた

熱中症が心配される7月25日(土曜日)の真夏日、私が住んでいる葛飾区から自転車で15分くらいのところにある「手作り革工房 エルブ」で、iPhone5sの革ケースを自分で作るという体験教室に参加してきました。

iPhoneのケース作りなんてもちろん初。ましてや本革のケースを自分で作るなんて発想は今まで全くありませんでしたが、e-clicの体験会の募集に申し込んだところ、無事に抽選に当たったので参加することになりました。

ではでは、どんなケースが作ってきたのか、当日の様子をレポートしながら完成品をご披露したいと思います。

エルブさんの工房に潜入!

今回体験教室を開いてくれたのは手作り革工房 エルブさんです。

096

京成小岩駅から徒歩17分のところにあります。

そして工房の中に入ると「リボンちゃん」がお出迎えしてくれました。

003

008

011

うーむ、これだけで来た甲斐があったかも・・と思えるくらい可愛い。

工房の中には色々な革アイテムが置かれています。

006

007

042

043

044

で、こちらが作業台。

010

ここで革ケースを作るようです。いやいや、久しぶりのワクワク&ドキドキ感です。

ちなみに今回の参加者は12~3人くらいいました。私と同じiPhoneの革ケースを希望している方は他に3名、アンドロイドスマートフォンの革ケースが一番多くて5~6名くらい?で、それ以外の人はネックストラップや犬の首輪を希望しているとのこと。

ほほう、ここではスマートフォンケース以外でも作らせてもらえるのか、幅が広いな・・と思っていたら、スマホケース以外は今回の体験教室限定っぽいです。エルブさんの公式HPでは体験教室はスマホケース限定となってますね。おお、そうだったのか・・。

iPhone5sのケース作りにチャレンジ!

さて、今回の体験教室の本題「iPhone5sのケース作り」に入ろうと思います。

まずはストラップの型抜きからミシンまで。

045

049

型抜きのところ、もっとゆっくり写真を撮りたかったのですが、私は一番先頭で、次から次へと先へ進んでしまったため、この部分はほとんど写真を取ることが出来ませんでした。次の機会があればもっとゆっくり撮りたいですね。

そしてストラップチャームは花柄なので、男性の私にはあまり必要なさそうです・・。これは女性の方にプレゼントするのがベストの活かし方なんでしょうね。

そしてお次の作業はコバ塗り。先程のストラップも含め、ケースとなる革の側面に保護加工していく作業なのですが、これが小学校の図工みたいで楽しい楽しい♪

コバ塗りのための液体は色がいくつかあります。私は緑と黄色、そして青を使ってコバ塗りしたのですが、女性陣はピンクや白なども多用してましたね。

053

単純な作業ですが、何故か楽しくてニヤニヤしながら塗ってました。そういえば、隣の女性にその件で突っ込まれてたような気がしますが気にしない気にしない。

ちなみに失敗するとこうなります。

078

隣の女性の方の失敗例です。失敗の記念に写真を撮らせていただきました。何かスミマセン・・。ちなみに、失敗しても液体は拭き取れるので全く問題ありません。すぐに拭き取らないと駄目ですが。

塗り終わったらスポンジの上で乾かします。

057

左の方をはじめに塗ったのですが、よく見ると分かる通り、色がはみ出しててちょっとヘタですね(笑) 右はその後にやったのですが、慣れたおかげか綺麗にできました。左の方、もう一度やりなおしたい・・。

さあ、お次はストラップにキラキラらしたビーズ?を付けていく作業です。

066

067

多分、この花柄ストラップは自分では使わないんだろうな・・と薄々感じながらも、そんなことは表面に出さずに作業に徹しました。いや~、なんかこの時点でこの一連の作業がとても楽しくなってきてたんですよね~。自分で使うとか使わないとかどうでもいいかな・・と。

その後は工房の社長さんが自ら手伝ってくれたりしました。

076

077

↑この革を縫い付ける作業は、さすがに初心者には無理っぽいですからね(笑)

でもそれ以外はほぼ自分たちでやりましたよ。

ストラップの穴あけとか、その穴に金属をはめたりとか

079

ストラップに金属の輪っかを通したりとか

082

こういう誰にでも出来る作業は自分たちでやります。無理そうなことは社長さんたちがやってくれたので、こちらは安心して作ることが出来ました。

スマホケース完成!

そして出来上がりはこんな感じに。

004

005

006

003

どうでしょうか。自分ではなかなかの仕上がりだと思っています。本革なのでずっと使っていけますので、今後もこのスマホカバーを使っていこうと思ってます。

iPhoneは基本的にそのままだとストラップチャームは付けられないので、悔しい思いをしている女性も多いかもしれませんが、この革ケースなら自由に付けられるのが嬉しいところです。

まあ、男性陣にはもう少しカッコイイ感じのストラップチャームが欲しいなと思いましたが。

今回の体験教室はe-clickさんが主催の参加者無料の会だったため、花柄しか作れませんでした。どんなデザインで作れるのかは聞いてきませんでしたが、もしカッコ良いデザインのストラップチャームが作れるなら、今度個人的に行って作ってきたいですねぇ。

そうそう、一緒に作業したお仲間さんの作品も凄く良かったです。特に女性陣は可愛く仕上げてましたね。

一緒にiPhoneケースを作ったSophyさんの作品。

092

この蝶々、本当は体験教室では付いていないものなんですけど、サービスで付けてもらってました。太っ腹な社長さんです。

Sophyさんのブログでも体験記事を載せています。
スマホ、iPhoneのオリジナル革ケース の手作りルポ: Enjoy your life. Be happy.

そしてアンドロイドのスマホケースを作ったあやぴさんの作品がこちら。

086

087

うーむ、さすが女性らしい仕上がりです。可愛いですよね。

あやぴさんのブログでも今回の体験記事を載せています。
手作り革工房エルブさんでスマホケース作成体験してきました! | あやぴいんふぉ~ネットでお得情報~

エルブに行けば本革スマホケースを自分で作れます

今回体験教室を開いてくれた「手作り革工房 エルブ」では、3名以上の参加であれば体験教室を開催してくれます。

本革のスマートフォンケースを自分で作れる機会はそうそうないので、興味がある方は友達を集めて参加されてみてはいかがでしょうか。作業自体も凄く楽しいですので、モノ作りが好きという方は是非ぜひチェックしてみてください。

大切な方へのプレゼントとして作るのも凄くお勧めです。恋人へのプレゼントなど、活用できるシーンはたくさんあると思います。

体験教室の詳細はこちら
> 手作り革工房 エルブ