ルシェルシェのハンドクリームシトラス(オルビス)のべたつき感と保湿力をチェック

リンクシェアフェア2012のオルビスのブースに立ち寄った時、お姉さんからハンドクリームをサンプルとしていただきました。

あ、サンプルとは言いましたが、普通に本商品をいただいたんですよ。1,500円のハンドクリーム。オルビスさん、気前が良いですね~。人気ありそうだし、儲かってそう・・。羨ましいっす。

とまあ、そんな感情は置いといて、せっかくいただいたのですから、使用した感想などをお届けしようかなと思います。

そうそう、貰った商品はこちら

ルシェルシェのハンドクリームシトラス。


ルシェルシェって何だ?と思う方もいるでしょうが、実は私も説明ページを見てもよく分かりません(汗)。おそらく、オルビス内でカテゴリー分けされている商品群のこと。で、シトラス系の香りを含み、気軽に使えるコスメアイテムを揃えている感じだと思われます。

ハンドクリームシトラスとは

柑橘系のさわやかな香りと言われるベルガモット果実油をベースにしているハンドクリーム。ベルガモットは虫を寄せ付けない匂いだと言われていますので、防虫にも役立ちそうです。

合成香料は使っていないので、自然の匂いをそのままに味わえます。ただし、香りは短時間しか持ちません。

ローヤルゼリーエキス、カモミール水、ローズゼラニウム水配合。

1,500円 / 40g

ハンドクリームシトラスを使ってみた感想

ではでは、さっそく手に塗ってみましょう。それこそがハンドクリームの役目!

ぬりぬり、ぬりぬり・・。

・・

・・・・

・・・・・・

むむ・・!

ちょっと付けただけでも伸びる感じ、いいですね。少量でも手全体に行き渡り、かなりのしっとり感が出てきます。

ただ、しっとりなのは良いのですが、私は実はハンドクリームのベタベタが大嫌い。その私の意見からすると、このハンドクリームシトラスは少しべたつく方なのかもなと思えます。ちょっと気になりますね。

オルビスには他にもハンドトリートメントという商品があり、私は普段そちらを愛用しているのですが、ハンドトリートメントのサラサラ感を10とすると、ハンドクリームシトラスの方のサラサラ感は7か8くらいと言った具合です。

もちろん時間が経つにつれて徐々にサラサラ感は増してくるのですが、しばらくは少しべたつきが残る感じです。が、付けて少し経てばパソコン仕事などには影響しない範囲だなと思えます。ユースキンみたいなベタベタ持続アイテムとは違った付け心地です。

べたつきが少しある分、保湿力は強めかなと感じられました。

保湿力に関しては

ハンドトリートメント:7
ハンドクリームシトラス:8

といったところでしょうか。ちなみに10点満点での採点です。(※あくまで個人的見解での採点です)

さらに個人的な意見を言わせてもらうと、このハンドクリームの一番の特徴は保湿やサラサラ感ではなく、『ベルガモットの香り』なのだと思います。

一度使ってみてこの香りがとても気に入ったなら良いのですが、もしもそうでない方は、ハンドトリートメントの方が使いやすいと感じるかもしれませんね。

ベルガモットの香りがブワッと出てくる

手に付けて伸ばした瞬間に、何とも不思議な香りが漂ってきます。紅茶の香りに少し近いかも知れません。

匂いに付いてはパッケージの後ろに載っていました。

ふむふむ、これがベルガモットの香りなのか。悪くないかも。

付けてしばらく経つと、この香りはなくなります。匂いの持続はあまりないようです。

ただ、けっこう香りが強い上に、好みが分かれそうな匂いかなと思えます。私は好きでも嫌いでもない感じですが、人によっては苦手な方もいそう。

特に男性には嗅ぎなれない匂いだと思いますので、ちょっと抵抗ある方は多いかも知れないですね。個人的な意見としては、男性の場合はハンドトリートメントの方が匂いもなく、べたべたしないのでおすすめだと思います。

今回使用した「ハンドクリームシトラス」は、匂いといい、しっとり感といい、ケースの可愛らしさといい、明らかに女性向きと言えるでしょう。

そんなわけで貰い物のハンドクリームなのですが、女性の方にプレゼントする方向で考えています。スミマセン・・。でも、私が使うよりも役立ててくれそうなのは間違いないでしょう。

まとめ

初めに付けた時は「ちょっとべたつくかな・・」と感じたのですが、時間と共に徐々にサラサラになってくれるので、数回使用してみるとベタツキは気にならないくらいにまでなりました。

保湿面に関しては、べたつきの割にはそれほど強い保湿力は感じませんでしたが、同じオルビスのハンドトリートメントよりは少し良い具合かなと感じました。

ただ、乾燥が厳しい秋・冬では、このハンドクリームで満足できるかは個人の肌状態によるところ。乾燥肌の方には、冬は別のハンドクリームを使った方が無難という場合もあるかもしれませんね。

私の場合、それほど酷い乾燥状態にはなっていないため、このハンドクリームでも十分冬は越せるかなと思います。体調次第で別の保湿重視のハンドクリームに頼る時もあると思いますが。

紅茶のような、ベルガモットの香りが好きなの!!という方には非常にオススメしたいハンドクリームとなりますが、匂いに不安を感じている方は、一度サンプルを使用してからの方が良いでしょう。

1,500円 / 40g

という少々高めの価格設定なので、いきなり本商品を買うのも良いですが、まずはサンプルで使用感をチェックしてみるのが得策と言えます。

オルビスの公式通販では1品から送料無料の上、何か1つ商品を頼むごとに1つサンプルを付けることが出来ます。それを上手く利用し、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。

>> オルビス オンラインショップ

>> ハンドクリームシトラス - ルシェルシェ(ORBIS)

++++++++++

良ければこちらのサイトもどうぞ
男のスキンケア.com – 男性用コスメマニュアル

湿疹ができた時に私が使っているおすすめの石鹸

最近、湿疹が酷くなった時用の石鹸として、オルビスのボディソープを使うようになりました。ボディソープという商品名ですが、固形石鹸です。

これがまた刺激を感じることがなく、マイルドな肌触りでなかなか使いやすい。そしてこれを使いだしてからは湿疹が悪化することがなくなってきたような気がします。調子の良い時は、次の日にかなりおさまってしまうこともあります。

湿疹にはストレスなどの色々な要因があるものなので、一概にオルビスのボディソープのおかげと言うことは出来ませんが、使ってみた実感として『役に立ってるな』という気はしています。ちょっと今は手放せない存在となっているかも知れません。

で、私と同じように湿疹が出やすい方にとって、ひょっとしたら役に立つ石鹸かなと思い、今回紹介しようと記事を書くことにしました。薬事法が怖いので、めったなことは言わないように解説したいと思います(笑)

使うきっかけ

私は3年前くらいに菌が原因のとある皮膚病にかかり、全身に湿疹が出来てしまうという症状を経験したことがあります。

この湿疹状態は1ヶ月以上続き、毎日痒みとの闘いでした。その後、治療の甲斐あって湿疹はおさまったのですが、季節の変わり目やストレスを多く受けた時、または肌が乾燥した時などにひょっこりと姿を現すようになってしまったのです。

大抵は足の脛あたりに出来ますが、時には手や指にも出てしまいます。痒いんですよね、これが。一度出来ると、なかなか治ってくれないですし。油断していると血や体液が出るまで掻き続けてしまうことも・・。酷い時はけっこう辛いんです。

湿疹写真

で、最近になってようやく「石鹸を安いのではなく、ちょっと良いのに変えてみよう」と思うきっかけを得ることができました。そのきっかけとは、べたつかないハンドクリームとしてオルビスを利用するようになったことです。

ハンドクリームを使っていくうちに「オルビスって安いくせに優しい使い心地だし、かなり品質いいな」と思うようになりました。そしてオルビスにはボディソープもあることも知ることとなります。

しかも3個入りで500円という、薬局並みのロープライス!もしもこれで湿疹に刺激を与えないようであれば、是非とも使っていきたいと思い、購入してみることにしました。普通のボディソープだと、湿疹時はちょっと使いにくいなと思っていたのでちょうど良かったです。

湿疹がある時は使ってます

湿疹が出ている日に体を洗う時は、今では必ずオルビスのボディソープを使うようにしています。

というか、湿疹のない時でもほぼ毎日使っています。

肌に付けても違和感を感じることがなく、マイルドでやさしい使い心地です。

以前は湿疹ができている部分は洗うのに気を使ったりしていたのものですが、この石鹸を使いだしてからはあまり気にしなくなりました(もちろんゴシゴシ洗いはしませんが)。おかげで湿疹箇所も清潔を保てるので、余計に良いのかも知れません。

この石鹸、個人的には凄く肌に合っているので使いやすいんですよね。

さらにこの石鹸の良いところがもう一つあります。それは体を洗うついでに洗顔もできるという、面倒くさがりの私がまさに待ち望んでいたような石鹸だったのですね♪

公式ページを見ても「洗顔用」という表記はありませんが、口コミを見るとかなりの女性が洗顔でも使っている様子。女性の肌で使えるなら、男性の私の肌で使えないはずがありません。

ということで洗顔でも使ってみたところ、全く問題なく使えました。この石鹸、どこまで使えるヤツなんだ・・。

泡立てネットを使うことで、もはや洗顔石鹸になってしまいました。

泡すごっ(笑)

朝から晩までこの石鹸一つで済むというのは、管理の面でも非常に助かります。何より面倒くさくなくて快適なのが良い!

欠点はあるのか?

これまで良いことしか言ってきませんでしたが、この石鹸にも欠点はあります。それは

普通の時に使うと、何の変哲もない普通の石鹸になる

ということ。

まあ、別に欠点というものでもないのですが、何も気にしないで使ってみると、使い心地はそこらへんの石鹸とあまり変わらないと思います。

特に保湿力を感じることもないですし、肌へのうるおいがキープできるとか、そういうのもありません。少なくとも、私には感じられませんでした。

私のような湿疹ができやすいとか、または乾燥肌、敏感肌だという方でないと、ひょっとするとこの石鹸の良さは実感できないかも知れません。それほどに『普通』という言葉が良く似合う石鹸です。

オルビスのボディソープとは

無油分、無香料、無着色という、私のような肌トラブルに悩まされている方にとっては嬉しい固形石鹸がオルビスのボディソープです。

【全成分】
石ケン素地、ヒマワリ種子エキス、キイチゴ果汁、BG、水、エチドロン酸4Na、ペンテト酸5Na

多少の添加物は含まれているものの、これなら肌に合えば許容範囲内だと思えます。(合わない方は使用を控えるべき!)

この石鹸で何よりも嬉しいポイントは、その安さです。90gの石鹸なので、毎日使っても1~2ヶ月持ちます。それが3個入りで500円とは!このようなブランドものの石鹸で、これほど安いのは見たことがありません。だいたい1個1,000円くらいはいってしまいますからね。この安さはちょっと他と比較できないなと思いました。

まして『湿疹用』とか『敏感肌用』とか書いてあるのって、やたらと高いうえに何か怪しいんですよね~。本当に良いのか?薬事法大丈夫??みたいな・・。どこかで疑っちゃうんですよね。

オルビスは500円で購入できるし、失敗しても経済的ダメージは少ないです。お試しで使ってみるとしても最適だと思います。

もし肌に合えば、かなり長期的に使っていける石鹸です。ぜひ一度試してみて、合うかどうかをチェックしてみて欲しいなと思える商品ですね。

>> オルビス公式通販サイト

仕事中に付けるハンドクリームでお勧めを探してみた

以前べたつかないハンドクリームとしてオルビスを紹介しましたが、それ以降ハンドクリームに興味を持ち、いろいろと購入するようになりました。

ネットや友人の評判をみて購入 ⇒ 試してみる ⇒ 気に入ったらローテーション入り。ダメなら二度と使わない

というサイクルを繰り返し、現時点では3つほど気に入ったものが残っています。3つも発見できたのは上出来かも知れません。

で、この3つのハンドクリーム、何を一番に重要視して選んだのかというと

『仕事中でも問題なく使えるかどうか』

に絞って選んでいます。私は基本的にパソコン仕事をしています。紙もよく触りますし、当然ペンも持ちます。なのにベタベタしてて触ったものに跡が付いてしまうハンドクリームでは、話になりませんよね。使いたくても使えないというものです。

仕事中のハンドクリームとして求めたモノ

ということで、仕事中に使うハンドクリームとして私が求めたのは以下の4点です。

  1. 短時間で肌に馴染み、ベタつかない
  2. 匂いがない
  3. 適度な保湿がある
  4. 価格が安い

ベタつかないのは基本中の基本。塗ってから素早く肌に馴染み、サラサラな状態になるものじゃないと使いたくありません。それに無臭なのも大基本です。仕事中に余計な匂いを出すのは控えた方が無難だと思いますので。この2点は外せません。

そして保湿。これは残念ながらベタベタなほど保湿力が強いと感じられる傾向にあります。なのでベタつかないハンドクリームの場合、保湿力はどうしても「ある程度」になってしまいます。なので、ベタつかない中でも良い感じで手が潤い、長時間保湿されるものを求めました。

乾燥状態が厳しいという方は、塗る頻度が多くなってしまうと思います。

そして最後は価格。これは個人的な意見ですが、『値段が高いハンドクリームを使わなくても、探せば良いものはいくらでもあるだろう』と思っているからです。なので、私が試してきたのも、このページで紹介するのも低価格な商品に限ります。価格高めの高級品は試していませんのでご了承を。

【その.1】 オルビス「ハンドトリートメント」

ハンドクリーム写真01

私が最初に気に入った『仕事用のハンドクリーム』がオルビス。その後、色々な商品を試してきましたが、この使い心地を超えるものはなかなかありません。結局最初から最後まで最も使う頻度が高いハンドクリームとなっています。

付けたあと、1~2分程度でサラサラな状態になっており、パソコンや書類にベタベタが移ることもありません。仕事中でも非常に使いやすく、塗った後の感触が気持ち良いハンドクリームです。塗った直後にほんの少しだけ匂いを感じますが、気になるレベルではありません。すぐに匂いはしなくなります。

それに撥水性があるので、多少水に付けても弾いてくれます。ただし、洗い物までするとけっこう落ちるかなと感じますので、水仕事が主な方は頻繁に付け直す必要があるかも知れません。

保湿はそこそこ良いと感じます。ベタつかないハンドクリームの中では、かなり優秀な方だと思いますね。手に薄い保湿膜がコーティングされている感じになるので、本当に『程よく』保湿されているなという実感があります。

色がピンクということで女性には問題ないですが、男性は購入をためらう要因になってしまうかも知れません。ですが、オルビスのハンドトリートメントは仕事中に使う用としては本当にお勧めできます。男性の方は普段は机に入れておいて見られないようにして、サッと取り出して使ったりするのも良いと思います。ちなみに、私はもはや人前でも躊躇なく使っています。ピンクって慣れると男性でもオシャレなんですよね。

価格: 690円 / 70g

オルビス公式通販サイト

※※
オルビスの通販は1品から送料無料です。

【その.2】 アテニア「ハンドトリートメントホワイト」

ハンドクリーム写真02

オルビスと近い良さを持っていたのがアテニアの「ハンドトリートメントホワイト」。匂いが無く、肌への馴染みが早くてべたつかず、適度な保湿力を持っているという点で、オルビスと共にお気に入りのハンドクリームです。

基本性能は上記のオルビスと同じ感じなので、新たな解説は省きます。逆にオルビスと比べて良い点と悪い点を、客観的に判断してみようと思います。

【良い点】
ケースの色が水色なので、女性はもちろん、男性が持っていても不自然ではない

【悪い点】
オルビスよりも、少しだけベタつくと感じられた

こんなところです。保湿や価格などの他の面はほとんど同じくらいでしたね。こちらもかなり仕事中に使う用としてはお勧めのハンドクリームです。

価格: 730円 / 80g

アテニア「ハンドトリートメントホワイト」の公式ページへ

※※
アテニアの通販は1品から送料無料です。

【その.3】 メンソレータム薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」

ハンドクリーム写真03

薬局で購入できるのが魅力の薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」。メンソレータムが提供しており、10年間売れ続けているロングセラーハンドクリームです。

手に塗った感じはべたつかず、浸透も悪くありません。匂いもなく、保湿も程々にある商品ですが、オルビスやアテニアと比べると少しベタつきが気になるように感じられます(当然ですが使用感に個人差はあります)。

塗った後はサラサラになりますし、仕事をするのに特に支障は出ません。良いハンドクリームだと思います。

色は濃い緑なので、どちらかというと男性向きの色と言えるでしょうか。あまり可愛さらしさは求められないケースとなっています。

このハンドクリーム、個人的には薬局で置いてあるものの中ではTOPクラスに気に入っています。通販とか面倒くさいなと思っている方は、是非とも薬局に行って小さいサイズを試してみてください。かなり使いやすいので、気に入るかも知れません。

価格: 630円 / 70g

※※
お近くの薬局に多分売っています。

まとめ

個人的なお勧めはオルビスの「ハンドトリートメント」です。とても使用感がよく、サラサラなのに適度な潤いを手に与えてくれますので、もはや仕事中に手放せない存在となっています。

それにオルビスは購入するのも楽なのです。全国にSHOPを構えていますし、通販を利用する場合でも1品から送料無料なので、家に居ながら届けてもらっても損しないのです。お届けも、翌日か2日後には届けてくれますので、暇を見つけてショップに買いに行くよりも早く手元に届いてくれます。これは忙しい方にとっては嬉しいところですね。

家の近くにオルビスショップがない場合は、是非とも公式サイトの通販を利用するようにしてください。

全国のオルビスショップ情報
オルビス公式通販サイト

近くの薬局で良いのを購入したいという場合は、メンソレータム薬用ハンドベール「うるおい さらっとジェル」がおすすめです。薬局で売られている中では、かなり仕事向きだと思っていますので。