家庭用の電力測定器「ワットモニター」は電気料金まで計測できる

この夏の節電対策に役立ちそうなグッズをご紹介します。

その名は「ワットモニター」。

自宅の各電気製品(エアコンやTV、パソコンなど)のコンセントをワットモニターに繋ぐだけで、その製品の使用電力量と、電気料金まで測定できてしまうという商品です。

測定できるのは以下の5項目。

  • 積算電力量
  • 積算電力料金
  • 消費電力
  • 二酸化炭素量
  • 積算時間

ん、二酸化炭素量?何故こんなものを測るのでしょうか。

二酸化炭素は家電を働かせるだけで発生してしまうため、この数値を低く抑えることは節電へと繋がるからです。また、二酸化炭素の排出量を家庭で減らすことは地球の温暖化対策にもなることから、地球規模の「環境への取り組み」ということにも繋がるわけです。

去年に続き、今年も節電対策が叫ばれていますが、このように電力を測定できる装置は「自分がどのくらい使ったかの指標」になるため、節電をしようとしている方のお役に立つのではないかと思っています。

やはり、人間って目標を設定して初めて、そこに向かって進みだすものですからね。目に見える視覚化・数値化は目標達成のためにはとても役に立つと言えるでしょう。

例えば「昨日は100W使ったから、今日は90Wに抑えてみよう」という目標が立てやすいため、かなり節電・節約に取り組みやすくなるはずです。数値化は自分のゴールを決めるための材料となってくれるのです。

待機電力も測れるし、他の機器との比較もできますので、節約が趣味の方にはかなり楽しんで使えるアイテムになるのではないでしょうか。

標準価格は6,090円ですが、今はオープン価格でかなり安くなっており、3,000円台で買えるようです。中には2,000円台のショップもあるようですので、興味ある方は是非チェックしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です