楽天のクレジットカードを申し込んでみた

楽天カードphoto こないだ楽天のクレジットカードを作りました。

個人事業主で頑張っている私ですが、審査も無事通り、今では大いに活用しています。

数あるクレジットカード会社の中で、何故楽天を選んだか。 そこに大した理由は特にありません(笑)

今までリボ専用のクレジットカードしか持ってなく、買い物を繰り返すと毎月の利息がバカにならない状態が続いていたので、早めに他のクレジットカードを作っておきたかっただけです。 年会費無料で、会社に信頼性のあるところなら、どこでも良いかなと思って楽天で作りました。短絡的かな??

あと、楽天カードを作るとポイントが貰えるし(私の時は2,000)、楽天内でのショッピングもポイントが2倍付くようになるのも、選んだポイントですかね。けっこうスイーツ、フルーツ類を楽天で購入していたので、ポイント2倍は嬉しい条件ですからね。

審査が通るかどうかの心配もあり、当然他のカード会社も視野に入れていたのですが、楽天クレジットカードがスムーズに作れてしまったので、現在はヘビーに使っているというわけです。

私はネットで買い物をよくしますので、安心して使えるクレジットカードを1枚持っていると本当に便利ですね~。代引きやコンビニ決済、銀行振込などの手間が掛かる支払いをしなくて済むのが、とても助かります。

楽天クレジットは通常のカードと、プレミアムカードというものがあります。プレミアムではさらにポイントが増えたり、旅行の際に特典がついてきたりします。 ただ、プレミアムは年会費が10,500円かかります。よくよくメリットを得られる方であればプレミアムにしていくのも良いかもしれませんね。

私は通常のカードを作りました。十分かなと思いましたので。 ちなみに楽天カードは携帯でも申し込めるようです。パソコンを持っていなくても手軽の申し込めるのは良いですね。助かる方も大いにいるのではないでしょうか。

津田沼「なりたけ」のレビュー

津田沼駅の写真

お盆休みを利用して、昔住んでいた津田沼へ行ってきました。 なりたけは大学時代によく食べに来ていたので、懐かしくて昼食で食べてきました。

なりたけの写真

「体調の悪い日は行かない方が良い」と、学生時代から言われているほど味と脂が濃いラーメン。それがなりたけ。 今は昔ほどこってりが食べれなくなったので、味噌ラーメンの「脂あっさり」を注文。 しょっぱさは相変わらずでしたが、あっさりなので脂はちょうど良く、とても食べやすかったですね。

味噌ラーメンの写真

店内にいるお客さんはラーメンを頼む方が多いのですが、私は昔からなりたけでは味噌ラーメンが好きなのです。 味噌のしょっぱさが絶妙に好きで、学生の頃は週1で食べてたほど。

ただ、なりたけはかなりしょっぱい&濃い&脂ギトギトなので、合わない人にはダメかも知れません。友人を連れて行っても、半分は「もう来ない」と言われますし。そのかわり、熱狂的に好きな方がいるのも事実。自分の好みにピッタリ合うか合わないかで、その後に通うようになるか二度と行かなくなるかのどちらかのような気がします。 私は、家が近かったら通うほど好きな味です。かなりツボですね。脂はあっさりにしてもらいますが。

■なりたけメニュー

  • ラーメン:650円
  • 味噌ラーメン:700円

※メニューはもっとあります。

 

■津田沼駅からのマップ

大きな地図で見る なりたけ ラーメン / 津田沼駅新津田沼駅前原駅) 夜総合点★★★☆☆ 3.5 昼総合点★★★☆☆ 3.5

小岩「三都屋」のレビュー

JR小岩駅から徒歩15分程度の、ちょっと離れたところに「三都屋」というラーメン屋があります。今日のお昼は三都屋のつけ麺を食べてきました。

三都屋写真001

 

私は自転車で行ける距離でして、月に1回~2回は食べています。ラーメン屋がひしめく小岩の中でも、TOP3に入るくらい好きな味です。 本日、8月13日はちゃんと営業してました。明日からお盆休みだそう。危ない、今日行っておいて良かった~。 今日食べたのはつけ麺(並)です。

三都屋写真002

 

なんと、店で食べているお客さん全員がつけ麺を食べていました(笑) いつもの光景です。個人的にはラーメンもかなり美味しいのですが、つけ麺が圧倒的に人気のようですね。

  三都屋写真003

 

スープは魚介系の醤油味。醤油味ですが、かなり濃いめに仕上がっています。薄味好きな方には、もしかしたら向いていないかもしれません。 スープにはチャーシュー、メンマ、ネギ、ホウレン草がたっぷり入っています。基本の味は濃いめですが、しょっぱさの中にほんのり甘味があって、一度食べだすと止まらなくなるくらい癖になる味です。

続いて麺へ。

三都屋写真004

麺は太麺です。スープとよく合っています。写真は「並」の量です。他には「大」「特大」があります。昔は「大」を食べていたのですが、最近では「並」がちょうどいいですね。あっという間に食べてしまいますが。 そして「三都屋」の最後の締めは、「ごちそうさま」を言った時のマスターの笑顔です。 人柄の良さを感じられる、いい笑顔をいただけます。

マスター、渋いね( ̄ー ̄)b 今日もごちそうさまでした!  

三都屋メニュー

  • ラーメン:630円
  • つけ麺:730円
  • 餃子:320円
  • 味玉:50円

※メニューはもっとあります。

小岩からのマップ

大きな地図で見る 三都屋 ラーメン / 江戸川駅京成小岩駅小岩駅) 昼総合点★★★★ 4.0

パスポートの取得方法をまとめてみた

飛行機の写真

私takaは、30も半ばにしてまだパスポートを取得したことがありませんでした。 いや~、飛行機が嫌でパスポートなんか必要ないと思ってたんですよね。当然国内でも飛行機には乗ったことはありません。

そんな飛行機嫌いの私ですが、どうしても外せない用事のため、香港にいかなくてはならなくなりました。なんてこった・・。 今までどうにか逃げてきたのですが、今回は逃げるわけにはいきません。 じゃあいいよ!わかったよ!!乗ってやろうじゃないか、飛行機さんよ~!!! (((;゚Д゚)))ガクブルガクブル

ということで、とても面倒なパスポート申請をこないだしてきました。戸籍謄本の取り寄せや必要書類等、けっこう調べて無事取得することができましたので、これから申請しようとしている方のために、簡単な解説でもしてみようかと思います。

  • 初めてパスポートを取得する方
  • 必要書類が分からない方
  • 本籍が現住所と異なり、戸籍謄本を取り寄せようと思っている方
  • 写真はどこで取るのか分からない方

このような方には、少しは参考になるかと思います。 では、解説をスタートしていきましょう。  

初めてパスポートを申請する際に必要なもの

必要なもの一覧

  1. 一般旅券発給申請書
  2. 戸籍抄本または戸籍謄本
  3. 写真一枚
  4. 本人確認書類
  5. 国立市に住民登録している方のみ、住民票の写しが必要

詳しくはこちらをご覧ください。 PASSPORT_申請・受領に必要な書類 初めてのパスポート申請、けっこう分かりにくいこともありました。必要書類もその一つ。一般旅券発給申請書って何ナノ??とか思っていましたが、全てをこなした今となっては過去の話。一つずつ解いていきましょう。  

 

一般旅券発給申請書

こんな聞いたことない書類、どこにあるんだ?と思うでしょうが、これは各旅券窓口に置いてあります。

パスポート申請は旅券窓口で行うので、その時に旅券窓口にて書類を貰い、必要箇所を記入して提出しましょう。なので揃えるのは一番最後ということになります。 一般旅券発給申請書は記入欄が多く、完成には少し時間が掛かるでしょう。ですが、記入台には分かりやすい記入例がありますので、それを参考にできます。

私は有楽町の旅券窓口に行きました。 東京にはその他にも新宿、池袋、立川にあります。自宅に一番近いところに行けば大丈夫です。

マップはこちら PASSPORT_アクセス(新宿・有楽町・池袋・立川)

 

戸籍抄本または戸籍謄本

これは自分の本籍地にある市役所、区役所に行けば発行できます。450円かかりますが。 戸籍抄本、戸籍謄本のどちらが良いの?という疑問もあるかもしれませんね。規則的にどちらでも構いませんが、私は戸籍謄本を提出しました。プライバシーの関係上、家族の名前を明かしたくない、または必要がないと思う方は、戸籍抄本を提出しましょう。

戸籍抄本は個人の証明用。戸籍謄本は家族の証明用です。一般的に戸籍謄本は戸籍抄本の代わりになりますが、逆はなりません。パスポートの場合は個人の証明でOK。

戸籍抄本、謄本には、面倒な落とし穴が待ち受けています。それは 本籍地の役所に行かないと発行できない という、何ともいやな仕組みとなっているのです。今現在、住民票が発行できる住民登録地に住んでいても、本籍地が別にある方はそこの役所じゃないと戸籍抄本・謄本は発行できないのです。 ちなみに本籍地を忘れた・・という方は、住民票を発行すればそこに載っています。(住民票の発行には手数料が掛かります) 昔は運転免許証にも載っていたのですが、「載せないでほしい」という意見が多いために最近は本籍地が空欄になっている模様。私の免許証もそうでした。 で、私の場合は現住所は東京都葛飾区。本籍地は群馬県の田舎町。取りに行く暇はないし、正直言って面倒(笑) なので取り寄せをすることにしました。戸籍抄本・謄本は取り寄せることができるのです。 取り寄せに必要な書類、手続き等はお住まいの区役所、市役所に行けば丁寧に教えてくれるはずです。 私の場合は

  • 戸籍に関する証明書交付申請書(役所でもらえる)
  • 身分証明書のコピー(私は免許証)
  • 定額小為替:450円(郵便局で購入できる。450円は戸籍謄本の発行料金)
  • 返信用封筒(役所でもらえる)
  • 返信用切手(郵便局で購入)

を用意しました。 1週間以内には返信されてくるでしょう。

どうやら地区によって多少違う点もあるようなので、詳しくはお住まいの役所か、本籍地の役所に問い合わせたほうが確実かと思います。

 

写真一枚

pass

パスポート用の写真は、けっこう規格が厳しいです。 写真屋さんで「パスポート用の写真を撮って」と言うのが一番確実で間違いないでしょう。 私は、よく町に置いてあるスピード写真でパスポート用を選び、それを使いました。それでも全く問題なく通りましたので、それほど気にしなくても良いのかもしれません。 もしもデジカメ、パソコンなどを使って自分で写真を作る場合には、規格だけ注意してください。

詳しくはこちら PASSPORT_パスポート写真の規格と見本

 

本人確認書類

これはコピーではなく、原本を持って行って提示するだけで大丈夫です。本人確認のためなので。 免許証があれば一番いいのですが、持っていなければ別の書類でも代用できます。 ただし、保険証の場合はもう一つ証明する書類が必要になってきます。 証明書類が1点で良いものと、2点提示のものがあるので、注意しましょう。 私は免許証を提示しました。これは1点でOKです。

詳しくはこちら PASSPORT_身元確認書類

 

当日発行は出来ません

全て用意できたら、旅券窓口で発行の手続きを行います。今は夏休みなので人が多く、15分ほど待たされました。 で、すぐパスポートは出来るのかと思っていたのですが、当日に発行は出来ませんでした。発行には1週間程度の時間が掛かるようですね。残念、一度で済ませたかった・・。 代わりに「旅券引換書」というものをもらい、指定の日時以降に旅券引換書と所定の手数料を持っていけば、パスポートがもらえます。 手数料は

  • 10年:16,000円
  • 5年:11,000円

です。私は10年で申し込みました。  

無事パスポート発行

passport-photo

そんなこんなで無事パスポートを取得できました。 さあ、いざ香港へ!飛行機乗ってやろうじゃないか!! (((;゚Д゚)))ガクブルガクブル 香港レポートは行った後に書かせていただきます。

葛飾納涼花火大会(2011年)に行ってきました

2011年7月26日(火) 東京都葛飾区柴又にて花火大会が行われました。

私takaの家は柴又に近く、そのうえ仕事も早めに切り上げられたので、友人と見に行ってきました。 これまでの人生で初の葛飾納涼花火大会です。 今年(2011)は震災の影響で花火自体を自粛しているところが多いので、東京で見れる数少ないチャンスだったので、今までは行かなかったのですが今年は皆で行くことになったのです。

さて、この花火大会、正直いって「大満足」でした。

19:20~20:00の40分間しかやらない花火大会なのですが、その分見逃さないように一生懸命見ていたため、とても密度の濃い時間だったのです。 他の花火大会だと、1時間半とか長いな~と思っていたのですが、この時間は私的に本当にちょうどいい配分でした。 そのうえ、当日は夜風がほどよくあり、気温もそれほど高くないため、かなり気持ち良い天候だったのです。こんな花火大会は久しぶりでしたね~。べた褒めしてますが、当日はけっこう本気で最高だと思いました。

当日の行動を振り返る

今回の花火大会の6時間前、私は高砂で有名な「伊勢屋餅菓子店」で、鳥の唐揚げといなり寿司を15個ずつ買っていました。

職場も近いため、友人から花火時のつまみとしてお願いされていたのです。以前、「伊勢屋の唐揚げがスゲー美味い」と言ったのが原因です。見事買い出しに抜擢されてしまいました。

葛飾区高砂の伊勢屋

食べログで伊勢屋を見てみる

花火大会の2時間前に柴又駅で待ち合わせ、帝釈天を見物しつつ場所取りへと向かいました。

 

葛飾区納涼花火大会への道の写真

道は歩行者でいっぱいでしたが、今日限りの歩行者天国になっていたので、けっこうゆったり進めました。  

 

花火の場所を取っている画像

場所を取ったときはすでに人が多かったですが、それほどキツキツでもなく、お隣さんとの感覚は余裕を持てるくらいでした。 そして場所を取ってからいきなり酒飲み開始です。やはり花火は酒がないと始まりません(笑) 伊勢屋で買っておいた唐揚げといなり寿司は大好評!買い出しに行った甲斐がありました。 そして19:20に花火スタート。 40分しかないので、皆酒を飲むのを忘れて観てました。

 

花火の写真その1を載せています

花火の写真その2を載せています

花火の写真その3を載せています

花火の写真その4を載せています

花火の写真その5を載せています

 

ハッキリ言って、かなり良かったです。花火自体は他のところとそれほど変わりませんが、

  • ゆったりスペースで見れる
  • 涼しい(その日だけかな?河川敷なので風が気持ちいい♪)
  • トイレの数が多くてすぐに入れる
  • 花火終了後も少しまったりできる

こんなメリットは田舎の花火大会以来です。これまでの東京の花火とは、一味違う下町風といった感じでしたね。 友人たちも葛飾納涼花火大会は全員初めてで、とても喜んでいました。 来年も間違いなく皆でみにくるでしょう。

ぜいたく手作り化粧水