お茶にはポリフェノールが含まれてるから、皆もっとお茶飲もうよ?という話

子供の頃はお茶が大嫌いだったtakaです、こんにちは。この渋み、大人になった今では旨いと感じるけど、子供の頃は全く舌に合わなかったな~。

さて、突然で何なんですが、お茶って凄く良いらしいです、体に。特に日本人が好んで飲んでいる「緑茶」と「烏龍茶」は、両方ともかなりお勧めなのです。

何故って?

それは「カテキン」などのポリフェノールがたくさん含まれているからに他ならないからです。

お茶に含まれる「ポリフェノール」とは?

緑茶などは日本では古くから親しまれており、食後に欠かせない飲み物となっている方も多いのではないでしょうか。

green tea / 緑茶
green tea / 緑茶 / Kanko*

そんな愛すべき飲み物、緑茶には「カテキン」や「フラボノイド」などのポリフェノールがたくさん含まれています。

ポリフェノール?どこかで聞いたことある名前だなと思った方もいるでしょう。

ポリフェノールを簡単に解説すると「高い抗酸化作用を持ち、様々な生活習慣病の予防に役立つと言われている成分」です。つまり、私たちの体にとって、非常に、ひっじょーに大切な役割を果たしてくれる成分がポリフェノールなのです。

で、緑茶にはそのポリフェノールとやらがとてもたくさん含まれているのです。それが「カテキン」と「フラボノイド」。両方ともポリフェノールの一種です。

緑茶に含まれるカテキンはとても高い抗酸化作用を持つものもあり、その強さはビタミンEの20倍とも言われています。フラボノイドも、かなり高い抗酸化作用を持つと言われています。

ちなみに烏龍茶にもカテキンがたくさん含まれています。両方とも日本人に特に好まれている飲み物ですが、実は健康にも良いことが分かっているのです。そうとわかれば、たくさん飲むに限りますね!

静岡県に住む人のガンの死亡率は他よりも低い!?

静岡県に住む人たちのガン死亡率は、他の地域と比べても10%以上低いようです。特に胃がんでの死亡率は少ないということは、本で読んだので知っています。(参考:植物のくれた宝物―ポリフェノールのふしぎな力

また、TVのためしてガッテンでもやっていたようですね。静岡県掛川市は、がんによる死亡率が日本一低く、高齢者の医療費も平均より20%以上も低いようです。

このような効果の裏には、「緑茶」が関係しているとみられています。静岡は緑茶の栽培に特に力を入れている地域ですし、住んでいる人たちもかなりの量の緑茶を毎日飲んでいるようです。

このように、実例でも緑茶の抗酸化作用は証明されているようです。これは見逃せませんぜ!!

急須で飲むのがベスト?

あ、そうそう、一応ですが、ペットボトルで飲むよりも急須で入れた方が色々な栄養分が多いと言われています。こんな記事もあります。
急須で入れたお茶とペットボトル茶の効能の違い:八女茶産地問屋 重松鶴壽園
ペットボトルのお茶は効能効果が少ない!! | 入谷 栄一 公式サイト ブログ

店頭にて
店頭にて / amika_san

おそらくですが「急須で入れたモノの方が健康に良いんだろうな・・」と、何となく思っているという方も多いはず。実はそれ、正解です。よくよく考えると、新鮮な作り立てのお茶に、保存を重視したペットボトルのお茶が栄養分で勝てるはずがないんですよね。

急須で入れて飲むのって面倒くさがりの私からすると「なし」の部類だったのですが、最近では茶葉で煎れる方を選ぶようになっています。

まあ、この方が良いって言うんだからしょうがないですね、ハイ。面倒ですけどね。

注意点

最後になりますが、そんな最高の飲み物に思えるお茶にも注意点があります。それは『カフェインが含まれている』ということ。

カフェインは覚醒作用があり、目を覚ましたい時には効果的な成分です。医薬品にも使われている、役に立つ成分です。しかし、夜に摂取すると寝付きにくくなりますし、空腹時に摂取すると胃が荒れてしまいます。

ということで、緑茶にしても烏龍茶にしてもカフェインが含まれているので、出来るだけ食事中・食後に飲んだ方が良いと言えるでしょう。夜更かししたくない場合は、夜に飲むのも控えた方が無難です。

そんなポイントを抑えつつ、ポリフェノールの力を大きく実感できる『お茶』を、是非とも毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

老化防止、美肌作りにも役立ってくれると思いますよ♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です