「MyBook」でフォトブック作り!今回は高尾山の紅葉です

どうも、フォトブック作りにかなりハマりつつあるtakaです、こんにちは。フォトブックを作っている時の集中力を保存して別で活かせればとさえ思っています。面白いこととつまらないことの集中力の差って凄まじいことを改めて実感。

フォトブックを作るのは今回で2回目。前回はMyBookよりも作成が簡単なかんたんMyBookで作りましたが、今回はちょっと操作が難しいMyBookの方に挑戦しました。

MyBookとかんたんMyBookでの大きな違いは、「フォトブックを作成する時に専用ソフトをダウンロードするかどうか」です。MyBookはソフトをダウンロードして作ります。その分様々な操作ができ、凝った仕上がりにすることができます。かんたんMyBookはダウンロードの必要はなく、web上で作れるという利点がありますが、細かい操作やデザインの指定をすることが出来ませんので、オリジナリティに欠けるところがあります。

それぞれにメリット、デメリットがあります。私が今回「MyBook」で作成したのは「前回とは違ったもので作りたかったから」という、単なる興味本位によるものです。大層な理由はありませんのであしからず。

意外と作成が簡単だった

で、いざMyBookを作ってみると、初めこそ操作説明を見ながらおっかなびっくりやってましたが、30分くらい色々といじっていたら完全に慣れてしまいました。

フォトブック20111202-002

慣れるとホント、簡単でした。普段パソコンを触ることがなく、操作に不慣れな方はひょっとすると手こずるかも知れませんが、大体の方は使っていく過程で操作が分かってくるでしょう。パソコンを知っている方でしたら、もはや感覚で操作できると思います。

MyBookを自由に使えるようになると、かんたんMyBookで作る必要はなくなるかもなぁ。かんたんMyBookはフォトブックを初めて作る場合か、もしくはパソコン操作がいまいち分からないという方が使うと良いでしょうね。あと、デザイン考えるのが面倒な場合。あ、やっぱり使いそうかも。

とにかく、予想外にスムーズに操作できたので、約2時間ほどで注文までたどり着きました。そしてちょうど一週間後、フォトブックは我が家に到着したのです。

フォトブック、開封

到着したフォトブックはこちら。

フォトブック20111202-004 フォトブック20111202-005

今回もソフトカバーで作ったので、半透明ブックケースが付いています。フォトブックの触り心地とかは前回と一緒です。仕上がりはMyBookもかんたんMyBookも変わりませんね~。

フォトブック20111202-007 フォトブック20111202-009

うん、なかなか綺麗。よーく目を凝らすと写真のドットが見えなくもないですが、そんなのは気にならないレベル。私にはこれで十分。

フォトブック20111202-015

左が今回作った180Sサイズ。右がCDサイズです。けっこう大きさ違いますね。

フォトブック20111202-014

関係ないけど漫画で比べちゃった。上下はコミックスと同じサイズ。本棚への収納も問題なし。

まとめ

今回作成したフォトブックのスペックは

  • MyBookART
  • ページ数10P
  • 写真21枚使用
  • ソフトカバー、背綴じ、左開き
  • 180Sサイズ(180mm x 180mm)
  • 送料420円を入れて3,045円

ってところです。前回のCDサイズよりもワンランク大きい180Sにしたので、値段もまあまあ増えています。(CDサイズで作った前回は1,890円)

前回のかんたんMyBookで作った時よりも、全然充実度は高いですね~。色々と凝って作った部分もありましたから。

自分で自由にフォトブックのデザインをいじりたい場合は、間違いなくMyBookで作った方が良いと感じました。私は今後、アスカネットでフォトブックを作成する時はMyBookで作ることになるかもなぁ。自分の中で決定してしまいそうだ。

「かんたんMyBook」はホント、簡単に作れて良いんですけどね。デザイン考えるのが面倒な時には最適なんですが、今の私には物足りなくなっちゃった・・。

マイブック


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です