蛍光灯を変えても電気が点かなかったけど点灯管を変えたら点いた話

点灯管というものを初めて知ったtakaです、こんにちは。

こないだ台所の蛍光灯が点かなくなりまして、いつものように新品を買って取り替えたのですが電気が点きません。

結果として点灯管(グローランプ)というものが切れたのが原因だったのですが、私は初めて知りました。「そんなん知ってるよ!」という方が大半だと思いますが、知らない方もまだまだいるのかな?と思い、記事にすることにしました。

知らなかったあなた、これで「点灯管?うん、あれだろ、当然知ってるさ!」と言うことが出来ます。あまり得意げに語ると逆に怪しまれるので要注意です。

◆ 点灯管を知った経緯

台所の電気が切れて早3日。いい加減、料理に支障が出てきました(当たり前だ)。なのでいつものように蛍光灯を変えたのに今回は点きません。

あー、とうとうあれか。何か壊れたか。

そう思ってレオパレス管理センターに問い合わせたところ、「点灯管が原因じゃね?」「グローランプ変えてみ?」と言われてました(もちろん、口調は敬語です)。

点灯管?グローランプ?なんのこっちゃ??恥ずかしながら聞いてみることに。

・・

・・・・

ハイハイ、蛍光灯がつく前に一瞬だけつく小さな電球みたいなやつか!

点灯管20111101-012

あー、これね。

何でこれを変えるんだろう?疑問に思ったので電話後にちょっとネットで調べてみました。

—————————————————————————

点灯管(てんとうかん)は、点灯管方式の蛍光灯を点灯させる放電管。別名、グローランプ (glow lamp) 、グロー球、グロースターター。ラピッドスターター式やインバーター式のものは点灯管を使わない。

(引用:Wikipediaより)

—————————————————————————

ハイハイ、スターターね。スターター。これがないと始まらないってやつね。

取りあえず、何も考えずに交換しとけばOKみたいだ。じゃあ交換してやるさ。

近くの「ケーヨーデイツー」に行き、買ってきました。

点灯管20111101-011

ホントは2個入り。一個はすでに交換に使いました。これで100円くらい。

見事点灯!!

いやー、まさかこんな仕組みになっているとは思いもよらなかった。点灯管バンザーイ♪

これで滅多にない点灯管切れにも対応できることとなりました。何事も経験ですなぁ。これまで知らなかったことを知るのって、世界が開けたみたいで気持ち良いですね。

レオパレス管理センターの小○さん、丁寧に教えてくださってありがとうございました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です