葛飾納涼花火大会(2011年)に行ってきました

2011年7月26日(火) 東京都葛飾区柴又にて花火大会が行われました。

私takaの家は柴又に近く、そのうえ仕事も早めに切り上げられたので、友人と見に行ってきました。 これまでの人生で初の葛飾納涼花火大会です。 今年(2011)は震災の影響で花火自体を自粛しているところが多いので、東京で見れる数少ないチャンスだったので、今までは行かなかったのですが今年は皆で行くことになったのです。

さて、この花火大会、正直いって「大満足」でした。

19:20~20:00の40分間しかやらない花火大会なのですが、その分見逃さないように一生懸命見ていたため、とても密度の濃い時間だったのです。 他の花火大会だと、1時間半とか長いな~と思っていたのですが、この時間は私的に本当にちょうどいい配分でした。 そのうえ、当日は夜風がほどよくあり、気温もそれほど高くないため、かなり気持ち良い天候だったのです。こんな花火大会は久しぶりでしたね~。べた褒めしてますが、当日はけっこう本気で最高だと思いました。

当日の行動を振り返る

今回の花火大会の6時間前、私は高砂で有名な「伊勢屋餅菓子店」で、鳥の唐揚げといなり寿司を15個ずつ買っていました。

職場も近いため、友人から花火時のつまみとしてお願いされていたのです。以前、「伊勢屋の唐揚げがスゲー美味い」と言ったのが原因です。見事買い出しに抜擢されてしまいました。

葛飾区高砂の伊勢屋

食べログで伊勢屋を見てみる

花火大会の2時間前に柴又駅で待ち合わせ、帝釈天を見物しつつ場所取りへと向かいました。

 

葛飾区納涼花火大会への道の写真

道は歩行者でいっぱいでしたが、今日限りの歩行者天国になっていたので、けっこうゆったり進めました。  

 

花火の場所を取っている画像

場所を取ったときはすでに人が多かったですが、それほどキツキツでもなく、お隣さんとの感覚は余裕を持てるくらいでした。 そして場所を取ってからいきなり酒飲み開始です。やはり花火は酒がないと始まりません(笑) 伊勢屋で買っておいた唐揚げといなり寿司は大好評!買い出しに行った甲斐がありました。 そして19:20に花火スタート。 40分しかないので、皆酒を飲むのを忘れて観てました。

 

花火の写真その1を載せています

花火の写真その2を載せています

花火の写真その3を載せています

花火の写真その4を載せています

花火の写真その5を載せています

 

ハッキリ言って、かなり良かったです。花火自体は他のところとそれほど変わりませんが、

  • ゆったりスペースで見れる
  • 涼しい(その日だけかな?河川敷なので風が気持ちいい♪)
  • トイレの数が多くてすぐに入れる
  • 花火終了後も少しまったりできる

こんなメリットは田舎の花火大会以来です。これまでの東京の花火とは、一味違う下町風といった感じでしたね。 友人たちも葛飾納涼花火大会は全員初めてで、とても喜んでいました。 来年も間違いなく皆でみにくるでしょう。

ぜいたく手作り化粧水


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です