DSの中で特に面白いRPGが「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」だった件

どうも、takaです、こんにちは。最近ちょっとDSにハマっています。特にRPGを中心にやっちゃってます。色々な世界を冒険しております。

「気分転換したい時だけやるようにしよう、そうしよう」という名目のもとに、いつの間にか結構な数のRPGゲームをこなしてきていますが、まあ凄く面白いゲームに当たることは少ない訳ですよ。こんなにたくさんのゲームがあるのにね。

「どこかにやりがいのあるRPGはないものか・・」と思っていたところ、期待しないで購入した「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」が、私の中で大当たりしました。ええ、個人的にはDSの中ではかなり面白いと思える作品となっています。


(写真:Amazon)

正直いって、あまりドラクエには期待していなかったんですよね。これまでの作品は一応やってきていたのですが、ドラクエの世界観は私にはイマイチ合っていませんでした。なんだろう、主人公が喋らないし、ゲーム内の会話もハマらないしで感情移入が全然できなかったんですよね。私は基本的に映画でもドラマでもゲームでも感情移入できる作品が大好きです。感動的なシーンでは平気で泣いたりしています。

なのでファイナルファンタジーシリーズの5~10あたりは好きな部類ですね。人間らしい感情の描写が非常に上手く、感動はもちろん、敵への憎しみや仲間への愛情、さらにはゲームシステムの斬新な面白さも重なって、当時はもはや勝てるものなし状態だったのはないかと思っています。今では暇な時のDS以外は全然ゲームをやらなくなってしまいましたが、当時のFFシリーズに勝てる作品って今は出ているのでしょうか?そのへんはちょっと分かりません。

そんな中、ドラクエ9が「かなり感情移入できる」ようになるくらい、ストーリーがしっかりした作品となって登場していました。秋葉原のドラクエブースがあった頃には見向きもしませんでしたが、やりだしてからは「ドラクエブースがある頃にやってれば良かった」と不覚にも思ってしまいました。他人とのすれ違い通信を活用して、宝の地図を手に入れらるので。あれってけっこう上手く作られていますね・・。

まあ私はドラクエ9全盛期の時代からかなり時間をおいてやっていますので、誰ともすれ違えなかったのが残念と言えば残念ですね。寂しいですね。でも中身(ストーリー)がかなり面白いし、けっこう感動できましたので、今までやってきたDSのRPGの中では一番面白かったですね!

装備によって、ゲーム中のキャラの服装もその通りになってきます。これも新鮮でよかったポイントですね。お買い物が楽しめます。装備品の中には水着とかもあるので、女性キャラに着けてみたり・・いや、この話題はやめておこう。危険だww (ゲーム自体は至って健全です)

あと「クエスト」と呼ばれる依頼システムもなかなか面白かったです。ゲームの本題とは違ったストーリーがありますので、味を変えるスパイス的存在となっています。クリア後もクエストがあることで楽しめます。

クエストだけでなく、アイテム回収や錬金、地図入手、Wi-Fi配信、裏ボス退治など、今作ではクリア後のやりこみ要素が非常に多いです。それだけ楽しめるということですが、地図の効率的な入手方法である「すれ違い通信」をやっている人が今は少ないため、完璧を目指す方には残念な結果となるかも知れません。

ドラクエでのおなじみ「転職システム」は、今回はちょっとイマイチだったかも。頑張って上級職を目指す楽しみとメリットがあまりないような気が・・。それに経験値はレベルの高さに応じてもらえる量が変わってきます。一人だけ転職して「レベル1」になってしまって、他の人たちが「レベル20」だったら、圧倒的に「レベル1」の方のもらえる経験値が少なくなります。なんか気になっちゃうんですよね、こういうの。まあ最終的には平均化されると思いますが、わざわざやる必要はあったのか?と思ってしまうシステムです。ちょっと引っかかった点はこんなところでしょうか。

あとは大体満足できる内容でした。敵と戦うのもある程度自由になっています。面倒な時は戦いを避けられるのが、私的にはとても嬉しいポイントでしたね。これは良かったです。

まとめ

DSで面白いロールプレイングゲームを探しているなら、ドラクエ9はけっこうお勧めだと思います。

ゲームの好みはラーメンの好みと同じで(なんのこっちゃ)、好き嫌いは人それぞれ違うと思いますから、誰にでも面白いと感じるかどうかは分かりません。

多分、ファイナルファンタジーのようなストーリーが好きな方には、ハマるんじゃないかなと思っております。ええ、私がそうでしたので。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です