NHKの「読めて書ける中国語」でピンイン(発音)を学ぶ

こんにちは、takaです。中国語の勉強中です。読めて話せる中国語に続いて「ピンイン」に特化したNHKシリーズを購入し、勉強しています。

その教材がこちら、「発音マスター! 読めて書ける中国語 」。とにかくピンイン(発音)に特化している本です。

読めて書ける中国語写真01

私は中国語を勉強するにあたり、インターネットで情報を収集しているのですが、中国語学習にはピンイン(発音)が最も重要であり、欠かすことが出来ないようです。なので必ず覚えておかなければならないものなのですが、日本語にない発音ばかりでとても難しく、ピンインで挫折する人はかなり多いのだとか・・。

逆に言うと、ピンインさえできれば中国語はほとんど読めるようになるようです!となれば中国語マスター(になる予定)の私には避けることは出来ません。

「読めて書ける中国語」には発音の勉強ができるようにCDがついています。

読めて書ける中国語写真02

やはり目で見るのだけでなく、耳で聞かないと発音は分かりませんからね!CDはありがたいです。今の本はほとんどCDやDVDが付いている形なので嬉しいですね。

さて、今は初歩中の初歩、単母音と複母音を勉強しています。

読めて書ける中国語写真03

まぁ、何とかついていっています。日本語の「あいうえお」を覚えるのと同じ感覚なので、やはり一回だけじゃなくて繰り返し練習していくのが良さそうです。

それにしても、ざっと教材を見た中で最も難しそうなのは「無気音と有気音」ですね。

読めて書ける中国語写真04

漢字だから日本語に近いだろうと甘く見ていたら大間違い・・。CDも聞いてみましたが、これは難しい。それに無気音と有気音の後には「そり舌音」「鼻母音」と言った発音も学びます。これらもかなりの練習が必要のようです。先は長そうだ。

ただ、ここをしっかり勉強しておけば、後々すごく役に立つだろうし、学習スピードもかなり変わってくるだろうと予想しています。そのためにも、この「読めて書ける中国語」を信じて勉強してみようと思いました。

今年終わりまでの4ヵ月間は、みっちりとこの「読めて書ける中国語」でピンインを学び、「読めて話せる中国語」で基本フレーズを学んでいきます!

その後、2012年からは中国語検定試験を受けたり、中国語教室とかに通いたいな~。楽しそうだし♪

レビューポータル「MONO-PORTAL」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です