東京にある壁打ちテニス場の情報をまとめてみた

最近、やたらとテニス熱が再燃してきているtakaです、こんにちは。大学を卒業してからはほとんどラケットに触らなかったのですが、最近は仕事関係の人たちや仲間内を集めて2週間に1回ペースでやるようになってます。

ブランクがありすぎて何かもどかしいのですが、やっぱりテニスはめちゃくちゃ楽しいです。出来れば週イチペースでやりたいところですが、皆の予定とかあって色々と難しい・・。テニスサークルでも作ろうかと真剣に悩んでます。

私、やっぱりテニスがないと駄目だったのかも知れません。そのくらい、今楽しいです♪

『東京壁打ちマップ』を作った

そんなこんなで最近はテニスのことで頭がいっぱいなのです。で、せっかくなのでテニスの情報サイトを一つ作ってしまいました。

↓それがこちら
東京壁打ちマップ

作っちゃいました。3週間くらいかかりました(笑)

壁打ちは中学・高校の現役時代によく使ってました。で、最近のテニス熱に当てられたこともあり、ちょっと近所の壁打ちテニス場を探して、またやりだそうかな・・と思ったのが事の始まり。

で、実際に探し出したのは良いのですが、多少壁打ち場についてまとめているサイトはあるものの、全体的に情報不足であり、満足いくレベルでまとまっているサイトがないのが現状。近くにある公園で壁打ち場を見たことがあるのに、取り上げられていないなんてことも。

いったいどこで壁打ちをやればいいのか、探しにくいし分かりにくい!壁打ち場に関してはYahoo!知恵袋でたくさん質問されていましたが、質問したくなる気持ちが凄くよく分かりました。

東京の壁打ち場が全てまとめてあるサイトがあったらいいのにな・・。じゃあ僕が作っちゃおうかな・・。という非常に単純な発案で作成することが決まったのです。

作るのはちょっと大変な部分もありました。なにせ一つ一つ管理している公園やテニスコートに電話し、情報を集めるのですから、そりゃー苦労しましたよ。それぞれで規約が違っていたりするし、ホームページにはそこらへんの情報が全く載っていないので、聞くしかないんですよね。いやー、なかなか大変だったなぁ。

でも、作り終わった今、振り返ってみると、意外と調べるのも楽しかったなと思うことができます。きっとテニス関係だからだろうな~。他だったら間違いなく放り投げていると思いますねw

まあ、そんなこんなで完成したのが「東京壁打ちマップ」です。東京にお住まいで壁打ちに興味がある方は、是非ともチェックしてみてください。ちなみに河川敷や高架下などの「非公式壁打ち場」についてはさすがに手を出していません。膨大にありすぎて無理・・。

「公式」の壁打ち情報が中心です。
東京壁打ちマップ

Flickrの無料アカウントは写真を200件までしか表示してくれない

どうも、takaです。Flickrの無料アカウントの表示制限を1週間でオーバーするという荒業をやってのけました。どんだけアップしてんだよ俺。おかげ様で早くも有料版への選択に頭を悩まされております。

1週間でオーバーした原因は御岳山の写真たち。たぶん150枚くらいあったような気がする。それを全部アップしちゃったもんだからあっという間だよね。はは。はぁ・・。

Flickrは無料アカウントだと、最新200枚しかフォトストリームに表示されません。月が替わろうが関係なし。来月になってもこの機能がリセットされることはありません。そして200枚を超えるとこんな画面が出てきます。

フリッカー20111110-002

簡単に言うと、最新から数えて200枚より前の写真達は管理画面上では表示されなくなるよ。保持はしているけどね。有料版にすれば全部見れるように解放されるよ。ということが書かれています。

フォトストリームにはもちろん表示されなくなります。もしや・・と思ってタグ検索をしてみても表示されませんでした。徹底されている。

うーむ、なんだよFlickr、こんな制限があったのか。知らなかった。ここでFlickr使いなら誰もがたどり着く思考に私も到達。それは「有料版にするべきかどうか」ということ。出来ればここには着きたくなかった。

まあ・・どうなんだろう、無料でも良いっちゃ良いんだけど。問題は「200枚前の写真たちを見るのかどうか」という点。

うん、間違いなく見る予感がする。写真たちを全て管理したい欲求もある。

もともとブログ用や個人用で、写真は大量に撮りまくっているという生活スタイル。ローカルを軽くするためにネット上に保存したいと思ったのがFlickrを使いだしたきっかけです。写真の保存目的でFlickrを使いだしたのに、最新200枚しか管理できないというのはいかがなものか。見たい写真が自由に見れないってことですからね。いくら保存が出来るとはいっても、これでは利用価値は半減です。

うーん、これは近々にでも有料でいく方向になっちゃうか?

有料会員は2年で47.99ドル。今だと3800円くらい。1ヶ月で160円くらいか。あれ、計算すると意外なほど安く感じてしまう。一人心理トリックか。

無料版でも大丈夫な場合の人

ちなみに無料版を使い続けるためには、以下の項目を守れる(耐えるとも言う)人なら問題ないと思います。

  • アップした写真をあまり見直さない
  • 1ヶ月で300MB以上アップしない
  • 「HTML/BBCode(ブログに貼るコード)」を全てメモしていれば十分だと思える(主にブロガーの方)
  • 写真の管理・整理が自由に出来なくても気にしない
  • セットやグループに制限数があっても気にしない
  • 写真のサイズに制限があっても気にしない(無料は最大1024pxまで)

たまにしか活用しないという人なら、全然無料版でも良いでしょうね。ここらへんはその人の状況次第といったところです。

無料で何とかする方法

多少裏ワザっぽい気がしますが、アップした写真の「HTML/BBCode」を、どこかの無料ブログに載せておけば、実質全て管理できている状態になるという方法もあります。新しいブログに全て放り込むのが面倒に感じないのであれば、この方法を使うのもありかも知れませんね。一つの方法として面白いと思います。

ただし、この方法はタグやセットによる管理が出来ないので、目的の写真を探すのにけっこう時間が掛かってしまう場合もあります。

有料版Flickrは「月200円未満」で自由な管理が可能。費用対効果を考えるなら、やはりFlickr有料版にするのが妥当だと言えるでしょう。

私は・・どうしようかな。できれば無料のままで済ませたいんですけど、Flickrのチョー便利な管理・整理機能も捨てがたい。ブログコンテンツ作成の際の時間短縮にもなるし。あー、なんかこのままだと数か月後には普通に有料版を使ってそうな気がする(笑)

最初は「おいおい、誰が有料版にするかよ」なんて思っていたけど、今では「べ、別に有料版になんて、しなくても良いんじゃないかな。不便だけどこのままで使えるさ・・」という、有料版にするのを何とか抑えている状況になりつつある私。Flickrの仕込みの上手さに見事ハマりそうな予感しまくりです。

XserverからSixcoreへの移転メモ!WordPressのお引越し

こんにちは、takaです。

こないだ、このWordPressブログのサーバーを変えました。XserverからSixcoreへの移転です。

Xserverでは特に動作が遅くなっただの、なんか不具合があっただのと言ったことは一切ありませんでした。けっこう性能良いですからね。強いて言えば「反応が遅い」ということだけ。しかしながら今後記事が増えていくにつれて、どんどん遅くなるのかなぁ・・という不安があり、ブログを続けていくなら将来的には多分変えるんだろうな~俺・・なんて思ってはいました。

先日、「将来変える予定なら、今変えちゃおう!」という、なんか孫さんが言いそうなフレーズが頭に浮かび、何故か急にサーバー移転しようと思えてきちゃいました。実は面倒なだけだったという事実もその時判明。

ということでようやく意を決し、Sixcoreに移転をしました!全てを終えた今となっては、サーバー移転はとても簡単に思えてしまいます。しかしながら戸惑うこともいくつかありました。全て出来たつもりでも、いつまでもエラーが出て画面が表示されなかったりなど・・。

さて、長い前置きはこの辺にしてと・・

今回、参考にさせていただいたブログを載せておきたいと思います。SixcoreとWordPressの設定方法が詳しく載っていましたので、とても参考になりました!

私のような初心者におくる!!WordPressブログをsixcoreサーバーに移転した際の覚え書き!!|OZPAの表4 (同じ初心者目線で進めていけます)

CORESERVERからSIXCOREへWordPressを移転する方法|ひとぅブログ (分かる人にはこの記事だけで十分)

作業しながら見ていたのはこの2つの記事ですね。たぶん、大概の人はこれ見れば出来てしまうと思います。

こういうのが苦手な私でも、何とか出来ました。ありがたいですね!感謝です。

ちなみに私のWordPressブログは独自ドメインで運営しており、「VALUE DOMAIN」で取得しています。

具体的にやったこと

今回、XserverからSixcoreへの移転では、具体的にこのような作業をしました。

  1. sixcoreでサーバーの申込み
  2. FTPソフトでアップしているWordPressの中身を全てダウンロード
  3. Xserverの「phpMyAdmin」へ行き、DBをエクスポート
  4. Sixcoreでドメイン設定
  5. SixcoreでMySQLを作成する
  6. FTPでSixcore側のドメインにコンテンツをア
  7. ップロードする
  8. Sixcoreの「phpMyAdmin」へ行き、DBをインポート
  9. 「wp-config.php」の中を色々変える
  10. VALUE DOMAINへ行き、ネームサーバを書き換える

初めから詳しく解説していきます。

sixcoreでサーバーの申込み

まず一番初めにやることは、Sixcoreの申込みを済ませておくことです。




文句なし大容量50GB、月額1890円~
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

申込みは多分、問題なくできると思います。ただし、一つだけ注意点があります。Sixcoreには2週間の無料お試し期間があるのですが、それを利用したい場合は「クレジット決済にしない」ということです。すぐに決済されてしまうので、無料期間が試せないのです。

でも私は後々の銀行振込orコンビニ振込だと忘れてしまいそう&面倒だという理由から、無料期間などお構いなしで即クレジット決済をしちゃいました。テヘッ♪悪い参考例として晒します。

シックスコア20111115-004

申込みが終わると、数時間でサーバーアカウントが機能し、入れるようになります。その間にWordPressの中身を全てダウンロードしておきます。

FTPソフトでアップしているWordPressの中身を全てダウンロード

XserverにアップしてあるWordPressの中身を全てローカルにダウンロードします。

シックスコア20111115-005

これは予想以上の時間を費やしました。30分くらいかかったかな?なんかダウンロード中にエラーが出て止まってばかり・・。有料のNextFTPを使ってるのに何故だろう?設定が悪いのかなぁ。

全てダウンロードしたら、移行が完了するまでWordPressの更新はしちゃダメですね。データが変わってしまいますので、またダウンロードしなおすという超絶面倒なことが待っていますから。

Xserverの「phpMyAdmin」へ行き、DBをエクスポート

WordPressのデータをダウンロードしたら、こんどはデータベースもダウンロードしないといけません。WordPressってそうなんですよね。通常のファイルの他に、データベースも必要となるのです。うーん、ここらへん難しいですが、理解出来なくてもOK。分からなくても移転はできます。

Xserverの場合、ここからphpMyAdminに入れますので、そこでデータベースをエクスポートしましょう。

シックスコア20111115-006

選択するのは「WordPressのデータのみ」です。他のデータはいりません。まず左にある「MySQLデータベース名(自分で設定したデータベース名です)」をクリックすると、WordPressのデータが全て出てきます。「wp_abc」みたいデータがいくつかあると思いますので、下の方にある「すべてチェックする」を押してからエクスポートしましょう。

シックスコア20111115-007

その後はこちらをみれば大丈夫です。

終わったら忘れずにログアウトしておきましょう。やり方は左上にある「EXIT」を押します。

シックスコア20111115-008

その後に出てくるユーザ名とパスワードの入力画面で「キャンセル」を押すことです。そうすると「ユーザ名ないしパスワードが間違っています。アクセスは拒否されました。」という表示が出るので、これでログアウトしたことになります。

シックスコア20111115-009

これでOK。

Sixcoreでドメイン設定

けっこう厄介だったのがSixcoreでのドメイン設定。新規ドメインの場合はすんなり受け入れてくれるのですが、移転となるとちょっと初心者には戸惑うくらいの「ちょい厄介」な感じです。まあでもすぐ出来ると思いますが。

Whois認証・Web認証・メール認証・CNAME認証とありますが、一番簡単なWhois認証は「シックスコアのネームサーバーに設定済みの場合」のみ出来るとのこと。ああなるほど、今の私のドメインではまだ無理ってことね。まだXserverのネームサーバーから変えてないからね。

ということで、私はメール認証にすることにしました。

これはあらかじめ、自分の使っているメールソフトに「admin@認証するドメイン名」か「webmaster@認証するドメイン名」のアドレスを追加しておかないといけません。これがちょっと面倒だった点です。

あとは来たメールの中に【認証ID】が載っています。これでドメインの追加が出来ました。

ドメイン取得時の「FTP情報」は必ずメモを取っておいてください。

あ、あと「hostsファイルを書き換え」とかって一かけらも分からなかったのでやってません。一応、正常に動いているから良いのかな?気になる方はやっておいた方が良いかも知れませんね。

SixcoreでMySQLを作成する

ドメインの追加が出来たら、お次はSixcoreでMySQLを作成します。このマニュアルを読めば大丈夫です。

文字コードはXserverで設定した「UTF-8」にしました。これは各自、合わせておいた方が良いです。

FTPでSixcore側のドメインにコンテンツをアップロードする

ドメイン取得時の「FTP情報」をNextFTPに入力し、ダウンロードしておいたWordPressのデータをアップロードします。

が・・、私はここでミスをおかしました。FTPを設定する際の「ホスト開始フォルダ」の欄に/home/なんちゃら~という表記をしてしまい、訳の分からないところにアップロードしたため、全く表示されないという事態になりました。ドメイン取得時のFTP情報に載ってたから、ついでに設定しちゃったのが間違いでした。「ホスト開始フォルダ」は何もいれなくて良いようです。

これはよくよくSixcoreでの「よくある質問」を読んでおけば、そこに書いてありました。初期フォルダは空白にしろってね・・。

Sixcoreの「phpMyAdmin」へ行き、DBをインポート

SixcoreのphpMyAdminに入り、データベースをインポートします。エクスポートの横にあるインポートボタンへ行き、アップロードします。ここは問題なくOK。

ログアウトする前に、画面上部にある「サーバ:○○○.sixcore.ne.jp」これだけメモっておきましょう。

シックスコア20111115-010

これは次の工程の「wp-config.php」で変更する「ホスト名」です。私はここでちょっと躓いてしまいました。分かっていればなんてことはありませんが。

「wp-config.php」の中を色々変える

シックスコア20111115-011

SixcoreにアップしたWordPress内にある「wp-config.php」を一度ダウンロードし、編集します。

シックスコア20111115-012

ここの各部分を修正してアップロードします。

ここで私、間違っちゃいました。

/** MySQL のホスト名 */

この部分にMySQL作成時のホスト名を書いてしまいました。おかげ様でネームサーバーを変えた後もずっとこんな画面が出たままとなりましたよ。マジ焦った・・。

シックスコア20111115-001

シックスコア20111115-002

入れるべきは先ほどの「phpMyAdmin」でメモしたホスト名。「○○○.sixcore.ne.jp」のところです。これを入れたら正常に作動し始めました!1時間くらい調べた結果、OZPAさんひとぅさんのブログを見ている時に気付きました。いやー、切羽詰まると本気で真剣に調べるもんですねw まいったさ。

VALUE DOMAINへ行き、ネームサーバを書き換える

最後にVALUE DOMAINへ行き、ネームサーバーをSixcoreに変えてあげればOK!

Sixcoreのネームサーバーはこれ。

シックスコア20111115-013

以上で無事、XserverからSixcoreへの移転が完了いたしました!感想としては「動作が軽くなった」というのが一番の感動です。早い早い。すぐに反応してくれます。

ぶっちゃけ、今後サーバーを変えるつもりなら、失敗した時のダメージが少ない今のうちにやっておこうというのが、今回Sixcoreに移転することにした本当の動機です。今のうちに間違いないサーバーを使っておけば問題ない。逆に今やっとかないと後がこわい・・。そんな感じでした。

シックスコアは月々2,000円近くという、ちょっとお値段高めのサーバー。でも今後のことを考えると本当に替えて良かったと思います。見てくださっている訪問者様のストレスも少なくなるのではないでしょうか。何にせよ、これでブログ運営における気になる問題が二つ三つ減りました。心配事なく思いきりブログを書けるというのは、けっこう重要で替えがたいものですからね。これでサボったら笑えるw いや、笑えないか・・。

お試し期間を適用している方は、2週間以内の振込を忘れないようにしないといけないですね。私はこれが嫌でクレジット決済にしちゃってますが。Wordpressの移行設定で、もしかしたら失敗するかも知れない(可能性低いけど)ので、お試し期間は適用しておいた方が無難です。うまく設定できてから振込した方が気持ち的にも楽ですし。

私のように「面倒くさい」が理由でお試し期間をなくすのはやめた方が良いと思いますね・・。

【Sixcore】
文句なし大容量50GB、月額1890円~
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】

Flickrに初めてログイン~写真をブログに貼り付けるまでの軌跡

こんにちは、takaです。Flickrにハマりつつあります。この会社がサービスを停止しなければ本当に便利な写真保存ツールとなってくれるでしょう。終了しないよね、フリッカー。まあ、大丈夫と信じましょう。信じなければ何も始まらないさ!

さて、今回は前回の記事「Yahoo!USAアカウントの取得方法」の続きという感じで書かせていただきます。

ではでは、いきます!

++++

Yahoo!USAのIDが取れれば、そのIDでFlickrにログインできるようになります。

で、今回の記事の内容ですが

  • Flickrに写真をアップロードしてみた
  • 写真のURLを自分の好みに変えた
  • 写真をブログに貼り付けた

こんな感じで進めていきましたので、そのまま体験談風に書こうと思います。

Flickrに写真をアップロードしてみた

Yahoo!USAのIDを取得してFlickrにログインしてみると、初めにこんな画面に出くわします。

20111027-001

「Flickr screen name」。Flickr内で表示される「自分の名前」みたいなものを決めろということです。Yahoo!USAのIDとは全く関係ないものです。後で変えられるようなので、ここは適当に書き込んで「CREATE MY ACCOUNT」を押して先へ進みます。

すると、こんな画面が!全く次から次へと・・。

20111027-002

とりあえず、写真をアップしてみたかったので、②の「Upload your first phone」をクリックしてみた。

お次はこんな画面に。「Choose phone and videos」をクリックします。ここでは一度に一枚だけじゃなく、複数アップロードできるようです。この時点ではまだ試していません。

20111027-003

ふむふむ、分かりやすいニュアンスの英語を使っているので、何となく進めていける。使いやすいように親切に作られてる感じがして好感度アップ。

お次は写真を検索で探せるようにするかどうかの設定。

20111027-004

これは両方とも試してみたのですが、どちらを選んでもブログに公開できました。自分の都合に合わせて選べば良いと思います。私は見られたくない写真のみ「Private」に設定して隠しました。

どちらかを選んだら「Upload Photos and Videos」をクリックし、先へ進みましょう。

次のページでは「アップ終了したよ」という確認です。「add a description」を押して写真の設定に進みましょう。

20111027-005

写真のタイトルとタグを設定します。

20111027-006

「Title」はFlickr内の検索で引っかかるようになり、「Tag」は自分の写真を探す時に役立ちます。ここで適切なタグを付けておくことで、後々の管理が楽になりそうです!

「Description」は写真の説明ですが、入れなくても問題なさそう。私は今後何百枚とアップする写真への説明なんて面倒な予感満載なので、この時点でやる気なしです。

完了したら「SAVE」を押して保存します。

ちなみに設定しておいたタグを目安に検索も出来ます。自分の写真が増えてきた時は便利です。やり方はメニューの「You」から「Your tags」をクリックし、検索窓にタグを打ち込みましょう。ずらっと出てきます。

20111027-014

で、で、続き行きますね。

どうやら先ほどの設定で無事アップロードできたようです。

20111027-007

ふう、一仕事終えたぜぃ。・・ん、何かちょっとおかしいな・・。

写真のURLを自分の好みに変えた

ここで疑問に思うことが出てきました。それは写真のURLに好きな名前を付けるにはどうすればいいんだろうということ。

私が見てきたflickr使いの方々は「http://www.flickr.com/photos/設定したであろう名前/0123456789/」というURLになっています。

でも、今現在用意されているURLは以下のような感じ。

20111027-008

なんか思いっきり初期設定まるだし。これは何かイヤだ。うん、何か嫌だ。っていうかURL見えにくくてスミマセン・・。

ということで、自分の好みのURLを入れてみることにしました。

メニューの「Home」を押して「Personalize your profile」をクリック。

20111027-009

で、②の「Choose your custom Flickr URL」をクリック。

20111027-010

そうするとURL変更のページにたどり着きます。お好きなものに変えちゃいました。

20111027-011

自分のページURLも、ブログに貼り付ける用のURLもちゃんと変わっています。これが皆やってたやつだ。ちょっと嬉しい。

20111027-012

またまたURLが見にくくてスミマセン・・。

当然のことですが、このURLはYahoo!USAのID(FlickrのIDでもある)とは別のものにした方が無難です。というか別にしましょう。

写真をブログに貼り付けた

最後の仕上げとして、写真をブログに貼り付けます。

まずはFlickrにアップしてある写真をクリックします。すると写真が大きく表示され、その上に「Share」というメニューが出ます。

「Share」を押して、ポップアップされたメニュー内の一番下にある「Grab the HTML/BBCode」を押します。そうすると、貼り付け用のURLが出てきます。

20111027-013

大きさも色々と選べるので、自分のブログに合ったサイズに変換もできるってことです。細かい設定は出来ないですけどね。

指定されているサイズで適切なものを選んでタグをコピーし、ブログに貼り付けます。

これでブログに反映されます。ちなみにこの記事の写真は全てFlickrから引っ張ってきているものです。wordpressの面倒な写真設定しなくて済むのでスゴイ楽に感じます。

これでFlickrのログイン~写真をブログ反映するまでが終了しました!いやー、お疲れ様でした!

あとは使い倒していくだけですね。思いっきり活用したいところです。

こんなにも役に立ってくれるFlickrに感謝!!

ついにFlickrアカウント取得!・・の前のYahoo!USAアカウントの取得方法

こんにちは、takaです。何かブログを更新してきたら、写真がえらい溜まっていることに気付きました。最近パソコンの動作が遅いのはそのためか?なんて考えてしまうほど溜まってきています。

これってサーバーへの影響もバカにならないかも。このブログはwordpressで運営しているため、写真を記事に載せるにはサーバーへのアップロードもしないといけない。今は大丈夫だけど、長い目で見たら相当な負担をサーバーに与えてしまうだろうな~。

皆どうしてるんだろうな・・と思いながら、ふらふらブログ検索していると、普段よく見るブログの写真が「Flickr」というところにリンクされていることに気付きました。

なんだ、このフリッカーって?間柴が使っているアレか?ヒットマンスタイルか?こえーな。

見てみると、「Flickr」とは毎月100MBまで、無料で写真をアップロードできて、簡単にブログやメールに貼り付けることが可能なサービスとのこと!写真にタグを付けて整理できるので、分かりやすくまとめることも出来るようだ。

あれ?これならサーバーにアップしなくても済むようになるんじゃないか!わざわざ自前パソコン内の分かりやすいところに写真を保管しなくても良いじゃないか!外付けハードディスクとFlickrで「内地」と「遠隔地」両方にデータを管理できるってことじゃないですか!めちゃめちゃ良いじゃないですか!!俺のレッツノートちゃんもすんごい身軽になるじゃないですかぃ!!!

フリッカー、全然怖くないな。これなら泣かなくて済みそうだ。


無制限で使いたい場合は有料になり、年間$24.95かかるようです。

早速アカウント取得へ

そんな良いもんだと分かってしまったら、もはやジッとしているのは無理。早速Flickrのアカウント取得に乗り出しました!

そして早くも最初の壁が・・!全部英語じゃないか・・。自慢じゃないが何級とか持ってないぞ、おれ。

そして間髪入れずに2つ目の壁が・・!Yahoo!USA版のアカウントの取得。当然ながら全部英語。これ、Flickrを使うためには必須みたいなので取らなくてはいけません。日本版のYahoo!IDではダメなんです。やっぱこえーよ、フリッカー。グスン・・。

・・

・・・・

・・・・・・

しゃーないな。取るか、アカウント。取ってやるよ、Yahoo!USA版のアカウント。Flickrのサイトに来てからもう30分も迷ったけどな。逃げようかどうかを。でもいい加減腹を決めたよ。ブログのためだ。

この30分の間は迷いつつも取得方法を検索。で、見つかったのが最もメジャーそうなこちらのサイト。

Flickrの使い方 – FlickrのIDを取得する

おぉ、これは分かりやすい。こちらのサイトはFlickrの使い方を日本語で丁寧に解説されています。こういうの助かります!早速やってみました。

【その.1】まずはFlickr公式サイトへ行き、こちらを押します。

【その.2】USA版のYahoo!を持っていない場合はこちらをクリック。

【その.3】お次はYahoo!ID取得のための入力。今(2011/10/26)は「Flickrの使い方 – FlickrのIDを取得する」こちらのサイトの解説と若干デザインが変わっています。

「ちょっと分かりにくい」という人のために、私が取得できた方法も載せておきましょう。

Name:First Nameは名前(例:Taro)。Last Nameは苗字(例:Tanaka)を入力。日本語じゃなくアルファベットでね!

Gender:性別。Maleは男性、Femaleは女性。

Birthday:生年月日。月⇒日⇒年の順に入れます。(例:2000年1月1日生まれ⇒January 1 2000)

Country:日本にいるなら日本で。

Postal Code:郵便番号。新宿区の大久保の場合は 1690072 と入力する。(- 真ん中の線はなしで)

Yahoo! ID and Email:お好きなIDを入れてください。「Check」を押すと使えるかどうかが分かります。

Password:お好きなパスワードを入力。英数字を織り交ぜて6文字以上になると安全性が高いのかも?

Re-type Password:先ほど入力したパスワードをもう一度入力。


ID、アドレスとパスワードは忘れないように、この時点で控えておくのが良いかも。私はエクセルでまとめています。

Alternate Email (optional):ヤフー以外のメールアドレスの入力箇所。(optional)と書いてあるので任意です。入力してもしなくても、どちらでもOKということです。IDやパスワードを忘れた時にこのアドレスに要求できるので、それ用に取っておくのもあり。私は保険のために入力しました。

Secret Question 1、2:秘密の質問を選択します。パスワードを忘れた時に聞かれるようです。適当に選んでOKですが、どの質問を選んだかはメモしておいた方が良いでしょう。

Your Answer:秘密の質問の答えを書きます。これも書いた内容のメモは忘れずに取っておきましょう。文字数が少ないとエラーになるかも。4文字以上でOKかな?

Type the code shown:面倒ですが認証を書き込みです。読みずらい場合は「Try a new code」を押して変えちゃいましょう。

全て入力出来たら、一番下にある「Create My Account」をクリック。

【その.4】問題なければ「Continue」を押して先へ進みましょう。

【その.5】【その.3】でAlternate Email (optional)を入力した方へ

こんなメールが来るはずです。

そしてこのメール中央にある

Verify “Alternate Email (optional)で設定したアドレス”

このハイパーリンクを押すことで、Yahoo!USAで認証されます。忘れずに押しましょう。


Alternate Email (optional)を入力していない方にはこのメールはきません。

お次はFlickrへ

これでYahoo!USAのIDが取得できたと同時に、Flickrへもログインできるようになりました。

いやー、疲れたでしょ。お疲れ様でした♪

ここからFlickrの初期設定へと移るわけです。それについては

Flickrに初めてログイン~写真をブログに貼り付けるまでの軌跡

こちらで解説しています。

一休みしたら、一気に初期設定を済ませてしまいましょうぜ!