「東京近郊の山ハイク」を買ったので、週末の登山計画がスムーズに進みそう

登山にハマり中のtakaです。こんにちは。

山とは無縁そうな東京という大都市に住んでいる私ですが、山登り(というか山の雰囲気)が好きなので、東京から電車で気軽に行ける山を探しては友人と登りに行っています。

探してみると、けっこう東京にも山があるんですよね。高尾山とか御岳山とか。で、登ってみると面白いので、ちょっと範囲を広げて探してみようと思う訳です。今の状態がそんな感じです。

でも圧倒的に情報不足なので、ちょっと本を購入して探ってみることにしました。買ったのはズバリ「東京近郊の山ハイク」という本。まさに私のニーズにピッタリ合っている題名です。

Amazonで購入し、先日ウチに届きました。どんな中身なのか、ちょっとレビューしてみようと思います。

「東京近郊の山ハイク」は東京都民にピッタリの登山書

届いたのはこちら

手の大きさと比べると分かりますが、小さくて持ち運びやすいサイズです。このぐらいの大きさがベストって感じがします。

ではでは、中身を見てみましょう。

目的別にコンテンツが分けられているため、自分の欲求にピッタリの山をすぐにチェック出来るのが嬉しいポイント。

人通り見終わった後、この本が「役立つなぁ」と思った部分がいくつかあります。

まず、電車の時間と料金が載っている所。

他の本だと載ってない場合が多いので、これはけっこう良いなと思いました。電車賃は意外と問題になることもありますからね・・。

あと、山登りの際、各ポイントまでの到達予想時間が載っているのも助かります。

これなら、行き帰りの計画が立てやすいです。山の中で暗くなるのは危険極まりないですから、これはけっこう重要。標高が載っているのも、何気に嬉しいです。

山での服装や持ち物、基本的なマナーなども最後の方に載っています。これも初心者にはかなり役に立つと思います。で、まあ軽くですが寄っておきたいお店や温泉などのスポットも紹介されています。

ただ、初めて登る山に関しての電車情報、山の難易度などは参考になりますが、もう少し山に関する情報量が多ければ良かったのになという印象もあります。

それぞれの山の情報は、それほど多く載ってるわけではありません。

見開きの2ページで、一つの山のポイント解説がされています。

欲を言えば、もうちょっと一つ一つの山に関する情報量を多くして欲しかった・・というのがあります。が、この本は値段も安いですし、持ち運びにも便利なサイズなので、これはこれで非常に便利です。登山初心者の私には、かなり役に立ってくれると思われます。

山の種類も22個載っているので、私が行っていない山もたくさんありました。今後はこの本に載っている山を参考に、週末の日帰り登山を楽しもうかなと思います♪

冬になる前に、出来るだけ登ってみたいですね!
紅葉が楽しみすぎて顔がニヤけます( ̄ー ̄)ニヤリッ

++++++++++

こんなサイトを作ってみました。
東京から日帰り&電車で行ける登山ガイド(スマホ対応)
山登りしたい時に、スマートフォンで軽くチェックしてもらえるようなお役立ちサイトにしたいなーと思ってます。

日和田山・物見山へ東京から電車で行ってきた

どうも、takaです。週末、埼玉の日和田山に登山に行ってきました。

日和田山は初めて登るのですが、行ってきた感想としてはなかなか良かったです。初心者向きではありますが、適度にアップダウンもあり、眺めが良いスポットも用意されており、そして人が少ないので自然と触れ合いながら静かに登れたというのが魅力の山でした。

日曜日に行ったのですが、本当に人が少なかったです。山登りに限っては人と接さずに自然と向き合いたいというスタンスを取っている私にとっては、この人の少なさはありがたいです。高尾山とか、多すぎますからね・・。あそこは都会にいるのと変わらんです。

それと、普通は高麗駅から武蔵横手駅のルートを利用するみたいなのですが、私は逆の武蔵横手駅⇒高麗駅のルートで行ったため、最初はほとんど人がいなかったです。人がいないのは良いのですが、いなすぎて逆に怖くなるほどでした。ルート間違ったか?なんて不安も出てくるほど(笑)

では、今回の登山を初めから振り返ってみたいと思います。

自宅から電車で約1時間半

私の家は葛飾区。電車は京成線を使います。分かりやすい所で言うと、亀有とか小岩が近いです。あ、上野も電車ですぐの所にありますね。

そこから日曜日の朝、電車に乗って日和田山まで向かいました。

ルートは

自宅で京成線に乗る→日暮里で山手線へ→池袋から西武池袋線へ→武蔵横手駅で降りる

こんな感じです。かかった時間は約1時間30分。西武池袋線で快速急行にタイミングよく乗れるかどうかがポイントでした。

ちなみに、武蔵横手駅の一つ手前の高麗駅の方が、多くの人が降ります。ルートとしては、こちらを利用する人の方が全然多いなぁという感じですね。

山登りスタート!

武蔵横手駅を降りた後は、公式マップを参考に進んでいきました。この地図はプリントアウトして持っていき、山登りの途中に何度も見直したりしました。正直、かなり役に立ちましたので、これから日和田山登山に初チャレンジしようとしている方は、是非印刷して持っていくと良いと思いますよ。
公式マップ

武蔵横手駅を降りた時から、自然の景色が満載です。

20120806日和田山-001 20120806日和田山-002

ここから五条の滝へ向かいます。

武蔵横手駅→五常の滝

すれ違う人が全くいないという珍しい状況の中、五常の滝へ向かいました。

途中の景色は、いかにも山登りという感じで良かったです。

20120806日和田山-004

川も流れてますし

20120806日和田山-006

冒険心をくすぐる丸太も

20120806日和田山-012

久しぶりに味わう自然の中でのハイキングは爽快です♪

ただ、一つだけ・・

人がいないせいか、虫が多すぎ!!

足の長い変な虫はちょくちょく見かけるし、ブーンという耳元をかすめて飛んでいく音はしょっちゅう、そして蜘蛛の巣が顔にかかるしで、なかなかに大変なスタートでした。

うーむ、人がいないのは静かでいいのですが、虫という問題が出てくるのは想定外でした。ただ、今が夏だからというのが大きな原因なので、季節をずらせば最高の落ち着くスポットになるだろうと思われます。

で、しばらく進んでいくと、「五常の滝」が見えてきました。

014

20120806日和田山-018

それほど大きな滝ではありませんが、近くにいると清涼感があり、涼しさと共に清々しい気持ちになれました。

五常の滝→物見山

10分ほど五常の滝でのんびりしたあと、山登りを再開。

北向地蔵に手を合わせ

20120806日和田山-022

杉やヒノキがたくさん伸びている、歩きやすい道を進んでいきます。

20120806日和田山-025

そして物見山の頂上へ

20120806日和田山-030

ここで一休みして、昼食をとることに。ここからの眺めは、まあまあ普通と言ったところですかね。街を望む景色の写真も撮ったのですが、全然うまく取れていなかったので、ここでは出しません(笑)

物見山→日和田山

さて、物見山の頂上を出発し、日和田山へ向かいます。

普通に山道を進んでいく感じなのですが、岩場むき出しの急こう配の坂が続きます。

20120806日和田山-038

私と逆ルートで来る方は、この坂はかなりキツイだろうなと想像できるくらいの坂でした。

アップダウンを繰り返し、日和田山の頂上へ到着。

20120806日和田山-041

で、そこからは街の様子を景色として見ることが出来ます。

20120806日和田山-042

うおお!!良い♪

日和田山の頂上は、かなり眺めが良かったです。物見山ではなく、ここで昼食を取れば良かったと、少し後悔しましたね。

そうそう、そのすぐ後にある金刀比羅神社からの景色も素晴らしいんです。

20120806日和田山-045

20120806日和田山-047

癒される♪

見通しが良い日は、富士山も見えるみたいです。この日は残念ながら見えませんでしたが。

日和田山→高麗駅(おまけ付き)

日和田山頂上と、金刀比羅神社での眺めを堪能した後は、高麗駅に向かって下山です。寂しい時間でもありますが、山の雰囲気を噛みしめながら下りて行きます。あ~、下界に帰りたくない・・(笑)

山を下り、鹿台橋を渡っていると、何と高麗川で水浴びをしている人が大勢いるではありませんか!!

20120806日和田山-051

おおお、うらやましい・・。

水着を持ってくるはずもなく、サンダルもない私ですが、我慢できずに高麗川にチェックイン!!

20120806日和田山-052 20120806日和田山-053

やばい、冷たくて最高!

ただ、サンダルなしなので足の裏が非常に痛いということに気付きます。歩いていられないくらい痛い状態になってきたので、残念ながらすぐに引き上げることにしました。

でも、サプライズの川遊びは最高でした♪

まとめ

今回の山登り、かなり楽しかったです。東京から電車で手軽に山を探して、日和田山に行こうと決めたのですが、この選択は良かったと思っています。

それほどキツイ山ではありませんが、途中のアップダウンで急こう配のところがあり、かなり刺激もあって楽しめましたよ♪高尾山に行ってばかりで、ちょっと飽きたな・・と感じている方は、埼玉の日和田山・物見山も選択肢に入れると良いかも知れません。人が多くないので、のんびり自然を堪能したい方には最適です。

ただし、見るモノの多さというか、観光的な点で言うなら、高尾山の方が楽しめると思います。人は凄く多いですけどね。

しかし、こちらは夏に高麗川で川遊びも出来るので、水着を持っていくと2倍楽しめるのが大きなメリットかと。私も来年は必ず水着とサンダルを持っていき、子供の様にはしゃいでやろうと心に決めています。ええ、必ずやりますよ!

ということで、今回の日和田山・物見山のレビューはここで終わります。見ていただき、ありがとうございました。

高尾山へ紅葉を見に登山してきました

こんにちは、takaです。勤労感謝の日に仲間たちと高尾山へ登山しに行ってきたのですが、なかなかにとんでもないことになってました。高尾山の人気、おそるべし・・。

今回のルートは

1号路⇒2号路⇒4号路(吊り橋ルート)⇒山頂⇒稲荷山コース

を廻ってきました。地図で見るとこんな感じ。


(画像:高尾登山電鉄株式会社 公式サイトより引用)

普段ならこのコース、友人たちとゆっくり歩いたとしても、登りと下り合わせて3時間あれば行って帰ってこれます。山頂でゆっくり昼飯を食べて休憩しても、まあ4時間はかからないでしょうね。

が、この日は全く様子が違っていました。それはこの「勤労感謝の日」が一年で一番混む日だということだったのです。

まったくもって、酷い混みようでした。まるで初詣の気分です。都会の人ごみを避け、山に癒されに来たはずなのに、新宿・渋谷と変わらないくらいの人ごみだったのですから、こりゃたまりません(笑)

そんな感じでめったに味わえない一風変わった山登りを経験してきました。以下、今回の山登り体験の記録です。

高尾山口駅に到着

高尾山20111124-002 高尾山20111124-001

新宿から京王線に乗り、1時間ほどで高尾山口駅に到着。

駅を出ると人、人、人の山。ケーブルカーまでの道も人で埋まり、かなりのスローペースで進みました。

そしてケーブルカーに到着。

高尾山20111124-007

着いたのは良いですが、何とケーブルカーに乗るには70分も待つとのこと!

高尾山20111124-008 高尾山20111124-005

ビッグサンダーマウンテンかっ!!

まぁもともと歩いて山頂まで行く気だったのでケーブルカーには乗らなかったですが、こんな状態は初めてみましたね。かなりビックリしました。

ちなみに女子用トイレは20分くらいの待ち。ディズニーか。

歩いて山頂へ

少しずつ紅葉が出始めた高尾山。自然の空気を体に入れてリフレッシュしつつ、山頂へ向けて歩き出しました。

初詣くらいの行列と一緒にですが。

高尾山20111124-016

でも、やはり歩き始めるとそんな余計なことは頭から消え去り、自然の風景と癒しの空気を楽しむようになりました。紅葉も少しですがありましたし、やはり山の景色は最高に良いですからね!

高尾山20111124-011 高尾山20111124-023

高尾山20111124-031 高尾山20111124-036

高尾山20111124-047 高尾山20111124-054

こういう景色を見てしまうと、やはり山に来て良かったと実感できます。

山頂に到着

高尾山20111124-073

登りだけで2時間以上かってしまいましたが、ようやく山頂に到着しました。すでに午後2時を回っています。これは油断していると下山時に暗くなってしまうかもな・・。暗くなるとかなり危険なので、気を付けないといけませんね。

さすがに頂上から見える景色は一味違います。幻想的な山の風景が一望できます。

高尾山20111124-077 高尾山20111124-078

トイレに行ってみると、またもや待ちの表示が。

高尾山20111124-072

女子トイレは50分待ちとのこと。意味わからん。どこなんだよ、ココは!

この案内を見た女性陣は「別のところでする・・」と言い出しました。50分待ちはありえないよね。同情します。

気を取り直して、いつも食べるそばをいただくとしましょう♪

高尾山20111124-074

いつもここで食べてます。山頂で食べるお蕎麦の味は格別です。ですが、ここでもまた問題が・・。蕎麦は30分くらい待つとのこと。え~!そばで待つのかい。うーん、でも今日の状態だとしょうがないのかもね。全員待ちを了解し、そばを注文してお喋りしながら待ち続けました。

30分を過ぎ、40分を超えたところでようやく全員待望のお蕎麦が到着!

高尾山20111124-076

待った甲斐もあり、これほどの蕎麦は滅多に味わえないというくらい美味しかったです。

あれは美味かったな~、ほんと。

でも食べ終わった時点でもう15時を過ぎてます。これはちょっと急いで下山しないと暗くなるかも知れません。

下山

蕎麦を食べたら全員休む間もなく下山です。登ってきたルートとは違い、稲荷山コースで下ることにしました。やっぱりルートを変えるのは基本ですよね♪景色が変わって新鮮です。

高尾山20111124-083 高尾山20111124-087

17時くらいに高尾山口駅に到着。あたりはすっかり暗くなっています。うっすら雨まで降りだしてしまいました。滑りやすくなる前に、下に着いて良かった~。

しかし、今回は10時くらいに駅に着いていながら、

  • 行列で進みが悪い
  • トイレ待ち
  • 蕎麦待ち

で、なんだかんだで戻ってきたのは17時。随分と時間を食ってしまいました。もう少し遅れてきていたら、けっこう下山時が危険な状態となっていたかもしれません。

こんな時もあるんだなぁ。11月の紅葉シーズンは非常に混むようなので、来年からは気を付けるようにしたいですね。

時間を早めにするとか、時期をずらすとかした方が無難です。普通の時間に行くととんでもないことになるので、人ごみが嫌いな方は行かない方が良いかも知れません。

以上、高尾山へ行ってきたレポートでした。

御岳山へ登山してきました

どうも、takaです。先日10月29日(土)、山に登ってきました。

最近の私、どうも山登りにハマってしまったようです。山が気持ちいいです。できれば1週間くらい籠りたい。

そうそう、決して運動不足ではないと自称している私ですが、慣れない山登りに足がキツイです。特に登り時は足の付け根、下りの時は太ももとふくらはぎが痛くなってきます。いやー、悔しいけどまだまだのようですなぁ。筋肉痛も酷いし。富士山へ行くにはもう少し鍛えて慣れさせないとね。

さてさて、今回は奥多摩の御岳山(929m)に行ってきました。天気良かったし気温も適度だったので、スゲー気持ちよかったです。来週にでもまた行きたいくらい良かった。マジで。

◆ 各所到着時間

8:19 新宿駅出発(ホリデー快速おくたま)

9:36 御嶽駅着

10:20 滝本駅着(御嶽駅から徒歩。バス使わず。)

11:30 御岳ビジターセンター着(滝本駅から徒歩。ケーブルカー使わず。)

12:00 武蔵御嶽神社着

(昼食休憩)

12:50 武蔵御嶽神社出発

13:20 七代の滝着

14:00 綾広の滝着

14:40 武蔵御嶽神社着

(ここから下山)

15:35 滝本駅着

16:10 御嶽駅着

19:00 自宅へ到着

今回の登山は、御嶽駅からバスとケーブルカーを使わずに登り、下山時も自力で歩いてきました。とても充実した時間となりましたが、非常に疲れました・・。けっこうキツイので、初めての方はバス、ケーブルカーの利用を考えた方が良いかも知れません。

今回歩いたルートはこんな感じです。

御岳山のマップ

(写真:御岳登山鉄道ケ-ブルカー 国立公園御岳山 奥多摩観光より引用)

徒歩で御岳山の武蔵御嶽神社に着いた後、七代の滝と綾広の滝を巡るルートを歩き、再び武蔵御嶽神社に着いた後は来た道をそのまま徒歩で下山しました。

◆ 各ポイント紹介

[1] 御嶽駅に到着

御岳山20111029-001

土曜日なので人がたくさんいます。電車も休日とは思えないくらいの混み具合。みんな山で癒されたいんですね~。分かります!

[2] 御岳渓谷を歩く

御岳山20111029-007

御嶽駅を降りるとすぐに御岳渓谷への入り口があります。階段を下っていくと、そこには素晴らしい眺めが待ち構えていました。

御岳山20111029-010 御岳山20111029-015

やばい、これだけですでに満足できる。癒される。

[3] 山道を歩く

取りあえずは御岳山の武蔵御嶽神社を目指して歩くことに。

御岳山20111029-055 御岳山20111029-056

天気が良かったためか、木々の隙間から太陽の光が差し込んでいる光景がいたるところで見ることができました。これはあれだね、やばいね、幻想的。天使の階段ですね♪

[4] 武蔵御嶽神社に到着

御岳山20111029-086

長い道を経てようやくたどり着きました。うーん、感無量、感動です。苦労して登ってきたかいがありました。

でも疲れたー。本気でバスかケーブルカーを使えば良かったと思った。もう体力の限界。滝廻りなんて無理むり。

もう歩けないーと思っていたのですが、ちょっと休憩して昼飯を食べたらけっこう回復してしまいました。うむむ、あとは気力の問題だな・・。

しゃーない、今日来た目的でもあるし、きっと良いものだろうから見に行ってみようか。

[5] 七代の滝

滝、良かったです!七代の滝へのルートがメッチャ辛かっただけで、あとはけっこう楽しめるくらいの楽なルートでした。正直、来てよかったです。

七代の滝の動画を撮ってきました。音が出ますので見る時は周りの環境に注意してくださいませ。

マイナスイオン出まくりの場所です。癒されまくり。

[6] ロックガーデン~綾広の滝

ロックガーデンの道がとても良かったです。岩ばかりなのですがそれほど歩きにくくなく、川が流れているので音と景色で常に良い気分の状態で歩いていけます。

御岳山20111029-148

御岳山の中で一番歩いてて楽しかった道です。ロックガーデン!次来た時も絶対廻りたいですね~。

ロックガーデンの終わり頃には綾広の滝が見えてきます。こちらも動画に取ってきました。視聴する際は音が出ますので周りの環境に注意してくださいませ。

[7] 下山

綾広の滝を見れたことで、今回の御岳山めぐりの目的は果たしました。いい加減足が疲れまくりなので帰ろう。

途中の商店街でちょっと休憩&エネルギー補給。

御岳山20111029-163

久しぶりのラムネ。ちょー美味い。今までのラムネの中でもNo.1か2くらいのうまさです。これぞ山効果!今勝手に作った効果ですが、山で食べるごはんと飲むジュースは何故かスゲー美味いんです。これは誰もが分かるはず。

ラムネを飲んだところで下山へ。疲れていたのに歩いて御嶽駅まで行きました。これにはまいった・・。下りはスピードが出るんですが、筋肉への負担がハンパない・・。あっという間に足の裏から付け根まで、いたる所が痛くなりました。御嶽駅に着くころにはボロボロでしたよ。もう次は絶対バス使おう!

まあでも、山の癒しの空気を吸いながらの下山でしたので、歩いて良かったなとも思います。

次来た時はこれを買って帰ろうっと。

御岳山20111029-162